<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
いわしとじゃがいものパン粉焼き
a0013875_21481293.jpg
日々できるだけ肉より魚を食べようと心がけているのですが、魚介類が高価な北イタリアの内陸に住んでいると、なかなか厳しいものがあります。
週に一回は鯛やスズキなどを丸ごとオーブンで香草焼きにしてますが、それ以外の日は適当にエビやタコ、切り身の魚など、売り出しになっていてかつ新鮮そうなものを選んで料理するようにしてます。
とは言っても、毎回そんなに上手くいい素材が手に入るわけではないので、結局肉と魚が週に半々食卓に並ぶことになるんですが。

そういうわけで、安い魚といえばいわし。きれいに処理(手開き)されてあるものを買わなければかなり安いので、新鮮そうなものを見かけると、ついつい買ってしまいます。
カリッカリのいわしフライが夫と娘のお気に入りですが、先日作ったのはいわしとじゃがいものパン粉焼き。じゃがいも好きな二人なので、文句言わずに食べてました。パン粉には刻んだセージの葉っぱも混ぜてます。
by t-fortunati | 2008-01-28 04:44 | うちの食卓
カルチョーフィの料理3品
a0013875_180117.jpg
食料品の買い出しに出かけるたび、つい手にとってしまうカルチョーフィ。日本では簡単に手に入ることのない野菜ですが、こっちではいろんな種類のものが出回っています。値段はだいたい一本0.6〜0.8ユーロといったところでしょうか。茹でたり焼いたり揚げたりなんでもオッケイ。もちろん生でも食べられます。
トップの写真は、裏ごしした茹でカルチョーフィとリコッタチーズのソースに合わせたパスタ。焼きカルチョーフィを添えてます。
a0013875_6485224.jpg
これは、いわゆるインヴォルティーニ
肉たたきで鶏肉を薄くしてから焼いたカルチョーフィを巻き、さらにベーコンを巻き付けて焼いてます。なんかおせち料理に入ってそうな感じですが。
a0013875_6491582.jpg
でも、一番美味しいのはこういうのだったりします。小麦粉はたいてかりっと揚げただけのカルチョーフィ。3〜4本ぺロリといけるところが恐ろしい(汗)。

***

ちょっとお知らせを。
2月5日刊行の「エコマム」(日経BP社)に、イタリアの保存食をテーマに記事を書かせていただきました。
「エコマム」は無料で自宅に届く雑誌なのですが、読者登録を必要があります。2月5日刊行のエコマムを手に入れるには、1月24日までの登録が必要とのことです。
えーと、つまり今日中!(もう少し早く告知するべきでした。申し訳ない・・・)
もしも興味がありましたら、こちらのサイトから登録できますので、覗いてみてくださいね。
by t-fortunati | 2008-01-24 18:03 | うちの食卓
トマトとひよこ豆のスープ
a0013875_695933.jpg
日曜日のお昼に食べたトマトとひよこ豆のスープ。香味野菜と少量のパンチェッタ、トマト、ひよこ豆を煮込んで裏ごししてます(ひよこ豆は全部裏ごしせず、半分はそのままスープの具に)。
ええ、明らかにトマト入れ過ぎてますけどね。
夫と娘には、文句を言われる前にすりおろしたパルメザンチーズを大量にトッピングしてごまかしました(美味しいチーズがあれば、けっこう何とかなるもんです)。
ナツメグ入りのスープパスタを入れて食べたのですが、トマト味に負けてナツメグの風味はほとんどせず(汗)。次回はシンプルにブロド(ブイヨン)で食べますー。
by t-fortunati | 2008-01-21 07:49 | うちの食卓
gatto' di patate
a0013875_644429.jpg
数年前、友人に作ってもらったじゃがいものトルタ。これがいわゆるgatto' di patateという名のナポリの料理であったことに気がついたのは、しばらく経ってからのことでした。
意味はじゃがいものトルタ(ケーキ)と同じなんですが、フランス語のgateau/ガトー(ケーキ)がいつのまにかgatto'という言葉に変化してできた料理名なんだそう。

じゃがいものマッシュに卵、バター、牛乳、チーズ、ハム類を混ぜ込み、パン粉をのせてオーブンで焼くというとてもシンプルな料理なのですが、その分いろんなレシピが存在します。配合も使う食材もレシピによって様々なのですが、うちではいつも冷蔵庫の中にあるもので適当に作っています。
a0013875_6212722.jpg
これはトップの写真のgatto' di patateの生地。ハム(prosciutto cotto)とパルメザンチーズ、プロヴォローネチーズなどを使ってます(緑色はイタリアンパセリ)。
生地の半分を型に敷き込んだらカットしたチーズを散らし、またじゃがいもの生地を敷き、最後にバターとパン粉をのせてオーブンへ。
a0013875_23562941.jpg
これはまた別の日に作ったgatto' di patate。ハムとペコリーノチーズ、モッツァレラチーズなどを使っていますが、こっちの生地には卵と牛乳が倍以上入ってます。
a0013875_2352396.jpg
見た目はあんまり変わりませんが、ふわふわ柔らかくてリッチな味わいになります。クリーミーなものが好きな夫と娘には、当然こっちの方がウケがよいです。
どっちにしてもけっこうお腹にたまる料理なので、付け合わせにするよりもメイン料理として食べるほうがいいかもしれません。
by t-fortunati | 2008-01-18 07:25 | うちの食卓
海老とブロッコリーのファルファッレ
a0013875_61718.jpg
これはbroccolo romano(ローマのブロッコリー)という野菜。初めて見た時はぎょっとしましたが、クセもなくて食べやすい野菜です。味はブロッコリーというよりは、カリフラワーの方が近いかな。
a0013875_6133439.jpg
これは生パスタで作ったサフラン入りのファルファッレ。四角く切り分けて、真ん中をキュッとつまむだけ。簡単にできます。
a0013875_2231742.jpg
このパスタ、先日見たテレビの料理番組で紹介されていたものです。一緒に見ていた夫が食べたいというので作ってみました。
サフラン入りのファルファッレにあわせるソースは、海老とローマのブロッコリーとプチトマト、バジリコ、そしてここにもサフラン。
私はなかなか美味しいと思いましたが、このブロッコリーが夫と娘には不評でした。やはり普通のブロッコリーの方が食べやすいみたい。
by t-fortunati | 2008-01-14 08:40
フルーツケーキ
a0013875_5375094.jpg
前々回に予告していたフルーツケーキです。作ったのは、思いっきり年明けでしたけど(汗)。冷蔵庫で数日寝かしていたものを、やっと本日試食しました。
昔はこんなケーキ大嫌いだったのに、しみじみ美味しいと思ってしまう私はつまり、年をとったということでしょうか。ケーキといえば、チョコレートケーキかチーズケーキが一番だと、ずっと信じて疑わなかったのに。
a0013875_524089.jpg
使ったドライフルーツは、レーズン、チェリー、ブルーベリー、プルーン、いちじく、くるみ。お酒が苦手なので、ケーキの表面に塗るラム酒は控えめにしましたが、寝かしているうちに全然気にならなくなるものなのですね。次回はもう少したっぷりと塗ってみます。
by t-fortunati | 2008-01-10 06:11 | うちの食卓
明けましておめでとうございます
a0013875_7502099.jpg
この数日、インターネットの接続に不具合が起きててんやわんや。おまけにどかんと雪が降り積もったりして、新年早々慌ただしい日々。
そんなわけで、すっかり年明けのご挨拶が遅れてしまったのですが、今年も何卒よろしくお願い申し上げたいです。はい。
by t-fortunati | 2008-01-05 09:52 | ご挨拶・お知らせ