<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
誕生日のケーキ
a0013875_828236.jpg
誕生日当日、チョコスフレのアイスクリームのせを作る私の計画は、あっさり変更されました。
「いちごの載ったケーキにろうそく立てたい!」と娘が言うのです。いちご嫌いなくせにね。しかもろうそく吹き消すのは私なのにね。

簡単にチョコスフレを焼いてごまかそうと思っていたのに、面倒なことになったなー、いちごと生クリーム買いに行かないといけないし、ああ面倒くさい面倒くさい。
だけど面倒ついでに、今回は娘にデコレーションを任すことにしました。余計に私の仕事が増えることは確実なんですけど、「なんぼでも汚せ」の精神で、海よりも広い心を持つことにしました。

More
by t-fortunati | 2006-02-27 08:19 | 誕生日
チョコスフレ
a0013875_20442823.jpg
ここ最近、何度かこのチョコスフレを作っては撮影に失敗する、ということを繰り返していました(今回の写真のスフレは先週作ったものです)。
ご存知のようにこのケーキはすぐにしぼむので、焼き立てをただちに写真に撮る必要があります。だから私はカメラをセットして、両手にミトンをはめ、オーブン前で「さあ来い!」と足を肩幅くらいに広げ、万全の体制をとって待機しているのですが、直前に必ずと言っていいほど娘が

「鉛筆削りどこ?」とか

「絵の具のフタが開かない」だの

「トイレ行ってもいい?」(普段は勝手に行くのに)などと、

どうでもいいようなことで邪魔をしてくれる。「あっちに行ってなさーいっ!」と何度叫んだことか。

a0013875_20445652.jpg
オーブンから取り出した直後はこんな感じ。数秒ですぐにしぼみ始める。
a0013875_20451765.jpg
粉砂糖をふりかけるわずかな時間にも、これだけしぼんだー。
いっそのこと、オーブンの中で最高潮に膨れているスフレを撮ればよかったのかもしれない。しかしもう遅い。遅すぎる。



ええと。本日36歳になりました。
昔は永遠に24歳くらいがいいなと思っていたけれど、今は家族がみな健康でいてくれるのならば、年を重ねていくことはそんなに悪くないかもしれない、と思えるようになりました。

私に日々幸せを与え続けてくれる夫と娘に感謝しつつ、今日の夜はまたこのチョコスフレにアイスクリームを載せたものを二人のために作り、誕生日を祝ってもらおうと思います。
by t-fortunati | 2006-02-24 17:07 | うちの食卓
スペックとスカモルツァチーズのピッツァ ルッコラとラディッキョのせ
a0013875_2013329.jpg
さっきパラパラと雑誌をめくっていたら、アーティチョークについての特集がありました。今まで私は2~3種類くらいしか知らなかったんですが、イタリア各所で色や形が微妙に違うというこということで、かなりいろんな種類が出回っているようでした。
そして、私が前回紹介した紫のアーティチョークは、どうやらバイオレット・トスカーノという種類であることも判明。てっきり私は緑色から紫になっていくものだとばかり思っていたのですが、もしかしたら最初から紫色なのかもしれませんね。ああ、なんて奥が深いやつ。
ということで、前回のコメント欄につけた私のレスは、思い込みも入っていますのでご容赦ください。ここで訂正しておきますね。
なんか野菜のプロみたいな人から突っ込みも入りそうですけど。いいのよ美味しければ、みたいなノリでやってますので見逃してください。
a0013875_2015218.jpg
本日は数日前にうちで作ったピッツァをご紹介。パリパリの薄いタイプです。
ピッツァといえばモッツァレラチーズですが、今回は夫と娘のピッツァのほうに使い果たしてしまったので、自分の分はスカモルツァチーズで代用。スペック(燻製ハム)との組み合わせは、なかなか美味しいのですよ。
そして、普段からピッツァにルッコラを載せることを死ぬほど愛している私ですが、今回はラディッキョも混ぜてみました。こうすると、生野菜がピッツァのヘビーさを中和してくれるようで、最後まで美味しく食べられます。
できればピッツェリアに行く時も、たっぷりの生野菜をタッパーで持参したいくらいです(←やりかねないところが怖い)。
by t-fortunati | 2006-02-23 00:17 | うちの食卓
カルチョーフィのリゾットと炒め物
a0013875_1665797.jpg
下処理が面倒なカルチョーフィ(アーティチョーク)。私が初めてこの野菜を手にした時は、延々と最後まで皮をむいてしまい、まったく食べるところがなかったという悲しい思い出があります。
以前は手軽な瓶入りのオイル漬けや冷凍されたものばかり使っていましたが、扱いが慣れてくるとそんなに面倒じゃなくなりました。
写真のカルチョーフィは先日近所のおばちゃんにもらったもの、葉が開きかけてちょっとトゲトゲしていましたが美味しかったです。

a0013875_1672555.jpg
まずは海老入りのリゾット。先日母が遊びに来たときにも作りましたが、とても気に入ってくれました。日本ではなかなか手に入りづらい野菜ですね。
a0013875_1693830.jpg
そして、じゃがいもとアンチョビの炒め物も。かりっと焼いたカルチョーフィもとても美味しいのです。

ちょっとカルチョーフィについて検索してみると、いろんな調理法がありました。パスタやピッツァに合わせるのはもちろん、新鮮なものは生でもいけるらしいです。
by t-fortunati | 2006-02-20 17:40 | うちの食卓
カーニバルの揚げ菓子
a0013875_15441024.jpg
なんだかんだとバタバタしているうちに、あっさり過ぎていった今年のバレンタイン。
夫は私と娘にバラの花を買ってきましたが(一本ずつね)、特にチョコレートのドルチェなどを作ることもなく終わってしまいました。
何がいまさらバレンタイン!と開き直ってみるのもいいかもしれませんが、季節感がないというのはブログ的にはよくない。
ということで、今回は旬なイタリアのお菓子を作ってみました。見た目そのまんま素朴な味の揚げ菓子です。このあたりでは"sprelle"とか"chiacchiere"と呼ばれていて、毎年カーニバルの時期になると、スーパーやケーキ屋などに出没します。
油で揚げていますが、中は空洞でぱりっとしているのでけっこう軽め。しかし私が作ったものの半分は空洞ができず、普通のドーナッツのようになりました。うーむ



ところで、ちょっとお知らせを。

総合情報サイトの「All About」では、現在スーパーおすすめサイト大賞という5周年記念のイベントが開催されています。
で、そこになぜか「うちの食卓」が、グルメ・クッキングの部門でノミネートされておりまして(大汗)。
しかもその推薦文が・・・

北イタリア在住の日本人マダムが綴る毎日の食卓は、さすがイタリアと思わせるレシピが美しい写真で紹介されています。

ぎゃ!ろくなレシピ載せてないのに!しかも私、マダム違うし!(キャラクターが)

時間のある方はついでに覗いてみてやってください。そうそうたるサイトと一緒に並んでますので、そのへんは優しい心で見守っていただければと。

そして、今回「うちの食卓」を推薦してくださった黒田民子さん(All about・ホームメイドクッキングガイド)には、心より感謝いたします。
by t-fortunati | 2006-02-17 18:02 | うちの食卓
バルセロナとフィゲラスの街
a0013875_793860.jpg
旅行記をアップしますと前回宣言したものの、今回の旅行ではありきたりな家族写真のようなものばかり撮ってきたので、使える写真があまりありません。
それに食べた料理の写真をいちいち撮ったりもしなかったので(←ブロガー失格)、今回の旅行記では各レストランについての紹介は省略しました。

ということで、あっさりめのスペイン旅行記。
by t-fortunati | 2006-02-13 07:50 | 旅・散策
バルセロナに行ってきました
a0013875_7232073.jpg
3泊4日のバルセロナ旅行から無事帰ってきました。滞在中はずっと天気が良くて暖かで、絶好の観光日和。子供連れなので、あまりたくさんは回れませんでしが、バルセロナの街はとてもとても素敵でした。

それから、事前にここでいろんな情報をいただいていたおかげで、旅行中は毎日美味しいものを食べることができました。気まぐれでうっかり入ったドーナツ屋以外はハズレなし!
予約が取れなかった店も一件ありましたが、どこも本当に安くて美味しかったです。
改めて、バルセロナのレストラン情報を下さった方々に感謝します。どうもありがとう。



まだしばらくバタバタする日が続きそうです。
コメントくださった方々へのレスが遅れていて申し訳ない!
バルセロナの旅行記は後日アップする予定です。
by t-fortunati | 2006-02-06 08:04 | 旅・散策