<   2005年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
トマトとルッコラの冷たいスパゲッティ ローストビーフのせ
a0013875_19473765.jpg
日本も暑いようですが、イタリアも暑いです。冷蔵庫に入れているモッツァレラチーズでさえやばくなる暑さです。賞味期限は全然大丈夫なのに、かつて味わったことのない酸味が加わっていました。2袋も処分したですよ。ブファラ(水牛のモッツァレラ。高い)じゃなくてよかったとは思いましたが、悔しいことです。
冷蔵庫の開け閉めは最小限にしないといけませんね。そして生ものは買いだめしないほうがよい。でもこの暑い中、毎日買い物になんて行きたくないんだけどな。
これだけ暑いとあんまり料理もやる気がおきない。はずだけど、昨日は灼熱地獄のキッチンでケーキを焼いてみた。そして失敗した。非常に不愉快。失敗ケーキのために出る、大量の洗い物ほど虚しいものはありません。ま、これは暑さのせいではなく、自分のせいなんですけどね。

今日のお昼は一人パスタでした。冷たいパスタにしようと決めたものの、細めのパスタが見当たらない。いつもは使いかけのものがゴロゴロしてるのになー。仕方ないのでスパゲッティで代用。かまへんのかまへんの。
トマトとルッコラを入れた冷たいパスタ、簡単で美味しいので夏になるとよく作ります。そのままでもいいけど、何かトッピングするとボリュームがでますね。

簡単に作り方を。
茹で上がったパスタをすぐに水にとる。刻んだトマト(皮はむく)とルッコラ、オリーブオイル、塩、ドライバジリコであえる。薄切りローストビーフと削ったパルメザンチーズを載せて出来上がり。
あ、ミックスペッパーもゴリゴリふりかけました。
by t-fortunati | 2005-06-29 20:41 | うちの食卓
ポルチーニとひじきの炊き込みご飯
a0013875_1925839.jpg
先週の土曜日は、夏休みお子様サービスデー第一弾!ということで。夫の仕事仲間なども一緒に、総勢7人で遊園地に行ってきました。まあ、子供のためといいながら、大人のほうが楽しんでいたような気もしないでもないんですが。
朝からぐんぐん気温が上がって31度もあったので、開園から遊んでいる私たちは4時くらいになるとバテバテ。帰りたくない!と号泣する娘をなだめて家路につきました。

行楽地に行くと疲れる→ ご飯作りたくない→ 外食する→ 帰宅時間が遅くなる→ 余計に疲れる→ 翌朝、前日の散財にがっくりくる・・・というのがお決まりコースなので、出かける前に簡単な食事の用意をしていくのは大切なことだと思います。
パスタソースとサラダを用意しておいたので、帰ってきてからパスタを茹でただけ。私は数日前に作った炊き込みご飯(冷凍しておいた)があったのでそれを食べました。
写真の炊き込みご飯、思いつきで作ったわりに美味しかったです。干ししいたけがなかったので、ポルチーニで代用したわけなんですが、全然違和感なし。
疲れているときはやっぱりご飯(和食)が美味しい。娘は疲れ果てて、何も食べずに寝てしまいましたけど。

Gardaland
by t-fortunati | 2005-06-27 00:55 | うちの食卓
ズコット風 バースディケーキ
a0013875_15252530.jpg
昨日は朝からスポンジケーキを3枚(天板で)焼くことから始まりました。成形に失敗したときのことも考えて多めに焼いたのです。勝負ケーキを作るときの、こういう余裕は大事だなと思います。
しかしまあ、結局失敗しなかったので、たくさん余りましたけどね・・・残りは冷凍庫へ。

ズコットというのはドーム型のケーキで、スポンジケーキの中心にクリーム系のフィリンングなどが詰まっているものです。
しかし。実は私はこっちで一度もズコットを食べたことがありません。雑誌などにたまにでているものを見ると、作り方も形もさまざまでフィリングにもいろいろあるようです。ドライフルーツやナッツの入っているものが多いかな。
なので、どういうものが本物のズコットであるのかよく分からず。今回のタイトルも「ズコット風」ということにしておきました。
a0013875_1523419.jpg
このケーキ、細長い三角に切ったスポンジケーキをドーム型に敷き詰め、そこにフィリングを流し込んでまたスポンジでふたをする、という作り方になっています。
初めて作る私には、スポンジを敷き詰める作業が難しそうに思えたのですが、実際はそうでもなかったです。中身はマスカルポーネのムース。切りやすいように、ゼラチン多めで仕上げています。作業中の写真も撮っておけばよかったのですが、そんな余裕まったくなし・・・。

ふたをしたらいったん冷凍庫に入れます。4~5時間後に取り出して生クリームでデコレーション。トップにラズベリー・ブルーベリーをのせ、「BUON COMPLEANNO JULIA!(誕生日おめでとう)」とチョコレートで貼り付けて終了。
私は手の込んだ美しいデコレーションは好みではないので(できないし!)シンプルに仕上げました。フルーツの上に粉砂糖かけてもよかったかな。

*このアルファベットのチョコレート、前日に一生懸命、小さな小さな型にチョコレートを流し込んで作りました。暑いから溶ける溶ける。これが一番大変な作業だったかも。

このケーキを作るのに、いったいどのくらいの砂糖と卵を使ったのか。訊かないでください。作った私にも分かりません。途中で卵も砂糖も足りなくなって、買いに出かけたくらいです。ひー。

それにしても想像を絶するほどでかいケーキが出来上がりました。使ったドーム型は決して巨大ではなかったんですけどね。いい勉強になりました。
昨日の夜も今日の朝も、みんなでこのケーキ食べましたが、まだ半分以上余ってます。冷蔵庫に入れておくのもかなり邪魔です。時間かけて作っても最終的にこうなるのねー。

今年のプレゼントは
by t-fortunati | 2005-06-22 18:44 | 誕生日
お誕生日おめでとう
a0013875_4542285.jpg

6月21日は娘の誕生日でした。5歳になりました。
写真のケーキの詳細はまたのちほど。

つ、疲れた。
by t-fortunati | 2005-06-22 05:24 | 誕生日
サフラン風味のタリアテッレ 海老とグリーンピースのトマトソース
a0013875_714766.jpg
そろそろブログの更新をしようかなと思っていたら、北国からミュージックバトンなるものが回ってきました。簡単に言うと、自分のミュージックライフを紹介する企画ですね。
しかし。わたくし自慢じゃありませんが、この世界には疎いです。MTVを聞き流す生活をしていた頃はまだよかったんですが、娘が生まれてからは、そういうわけにもいかなくなりました。
最近では「テレビCMで流れている曲で現在のヒット曲を察する」という感じです。
ちなみにバトンをまわしてくれたsymzakさんの挙げているアーティスト、ほとんど知らんですよ。パバロッティくらいかな分かるのは。イタリアに住んでなかったら、それさえも知っていたかどうか。
そういうことで、無謀とは思いつつ、企画にのらせていただきました。あっさり流してください。


■コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

  は?なんですか、それ。

■最後に買ったCD

  ものすごい前になります。R.E.M.のAround the sunだったような。

■よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

  You were meant for me   by Jewel

  The great beyond    by R.E.M.
 
  I can't make you love me   by Bonnie Raitt

  Carole King  いろいろありすぎて1曲が選べない。

  そして最後は秘密。言えませーん(ちょっと恥ずかしい)。

■今聞いている曲

  今?娘の見ているおかあさんといっしょのビデオから「せんたくものだゆう」が聞こえてます。
  ♪せっしゃせんたくものだゆう~♪ *洗濯物が太夫になっていて、ぐるぐるまわる。
  ほとんどの方が知らないと思いますが、私この歌けっこう好きです。

■バトンを渡したい5名様

  5名って多過ぎますね。もうすでにたくさんの人にバトンが渡っているようだし。
  なので、どんとこい自分のこずえちゃんにだけバトンを渡します。
  なんか音楽とはまったく無縁の人生を送ってそうな彼女の嗜好が知りたい。
  ただそれだけです。こずえちゃん、気が向いたらやってください。強要はいたしません。
  いたしませんが、やってください。よろしく。

a0013875_75857.jpg
ということで、本日の料理。久しぶりに手打ちパスタやりました。
トマトソースにまみれて分かりませんが、サフラン入りのタリアテッレです。
海老とグリーンピースを入れたトマトソースでいただきました。
グリーンピースはさやから出して、茹でてから使ったんですが、見事しわしわになりました。
これ、しわにならない方法あったと思うんですが思い出せず。
どっかで検索してから作ればよかったなー、と思ったり。ま、でも美味かったですー。
どうでもいいけど、料理のタイトルが長いねぇ。
by t-fortunati | 2005-06-19 21:49 | うちの食卓
ズッキーニの重ね焼き
a0013875_19523650.jpg
ちょっとしたはずみから、思いっきり娘の頭突きをうけました。ちょうど頬骨の辺りに。
もんのすごく痛くて痛くて、涙滲ませながら数分間丸くなっていました。痛すぎです。
娘も頭が痛ーい!といって泣いていましたが、「絶対あたしのほうが痛いよ!」と子供相手に正直な感想を述べたのでした。
グーパンチを顔にくらうと、こういう痛さなんだなと実感。大昔に平手で顔を叩かれたことはあったけど(親とか学校の先生とかに)、グーはないよグーは。

翌日。
見事な青あざが出来上がってました。触ると腫れているのが分かる。落胆しながら夫に顔を見せると大爆笑。「写真撮らせてくれ」とかいうし。
いや、それよりもね、これは事情を知らない人には「夫に殴られたかわいそうな女」にみえるよ。リキッドファンデーションを重ねて塗っても、全然隠れないし。
その後、幼稚園へ娘を送り出す。コソコソしてたら怪しいので、堂々と顔を出してみた。なのに。
担任の先生、すれ違うお母さんたち・・・誰一人「どうしたの?」って聞いてくれない。みんな私から目をそらしているのは気のせいですか?いやいや、そうじゃないのよー。たのむよホント。

今日の料理は丸いズッキーニの重ね焼き。グリルしたズッキーニとトマトソース、モッツァレラ・パルメザンチーズを重ね、オーブンで焼いたもの。
このあいだzo.chikaさんが遊びに来たときにも作りました。ま、それなりに美味しいけど、やっぱりこれは茄子でやるほうが好きかな、私。
by t-fortunati | 2005-06-17 06:18 | うちの食卓
パンナコッタ ブルーベリーといちごのカラメルソース
a0013875_19114848.jpg
スーパーの果物売り場でウロウロ。手にとっては置き、手にとっては置き。
いやいや、まだ早いよ。まだまだ安くなるよ。今日はやめとこ。

数分後。

また果物売り場へ近づいてみる。もう一度手にとってみる。
高いな、やっぱり。こんなちょっぴりで3ユーロ(400円ちょっと)。
ブルーベリーをひとパック手のひらにのせ、私は考える。
3ユーロ、3ユーロ・・・たかが3ユーロ!と思ってみる。無理やり思ってみる。
どうして私はブルーベリーをにらみつけているのか、分からない。

数分後。

やっとブルーベリーひとパックを、買い物かごに入れた。
もちろん一番きれいなやつを選び抜いて。

a0013875_19152222.jpg

日本で買えばもっと高いのかな。贅沢いうなといわれそうですが、でも。
こんなちょっぴりしか入ってないよ!125gだよ!

*そしてこのあと別の店に行くと、同じものが1.90ユーロで売りだしてあった・・・というオチがあるのですが、悔しいのでそれはなかったことにします。

で、まず作ったのはパンナコッタ。パンナコッタの生地にブルーベリーを混ぜ込むか、ブルーベリーのソースを作るか、うーん。
けっこう迷いましたが、でもやっぱり最初はブルーベリーをそのまま生で味わいたい。ということで、いちごと一緒にカラメルソースであえただけ。
これがそのまま今日の私の朝ごはんになりました。朝からパンナコッタ。間違っているような気もしますが。いいのいいの。

そして去年のミックスベリー教訓に、残ったブルーベリーはしっかり冷凍しました。
とても甘かったので、一気食いしそうな勢いでしたが、ここは我慢。また違うお菓子にも使いまわさねば(←ブログ魂。じゃなくてただのケチ)。でも凍ったまま食べるのも美味しーい。


ところで。
先日うちに遊びに来た変わり者。どうやらイタリア滞在記をブログにアップしはじめたようです。ぜひとものぞいてみてください。
by t-fortunati | 2005-06-12 22:20 | うちの食卓
アスパラのおかず 2品
a0013875_18112993.jpg
旬が終わる前にアスパラ料理をアップせねばと思っていました。
アスパラは塩茹でにしたものをそのままかじったり、リゾットにしたり、パスタソースに混ぜ込んでみたり、サラダに混ぜたり・・・いろいろしていますが、一番のお気に入りはこのごまあえ。
茹でたアスパラ(茹でる前に茎の皮をむく)とパプリカ(茹でた後で皮をむく)を、オリーブオイル、塩、こしょう、白すりごまであえるだけです。あっさりしょうゆ味にしても、もちろん美味しいでしょう。あ、ごま油でやるのもいいねぇ、ナムルみたいで。

a0013875_18262630.jpgこれはアスパラとベーコン、ポルチーニの炒め物。
味付け、なんだったか忘れました。たぶん塩・こしょうのみです。ご飯が進むおかずでした。
で、当然のことながら、こういう野菜のおかずは私専用。野菜嫌いのうちの家族が、率先して食べるわけもなく。
ただの食卓の飾りとして扱われるのでした。
たまには野菜も食えよ!
by t-fortunati | 2005-06-09 20:10 | うちの食卓
フォカッチャのサンドイッチ
a0013875_17413030.jpg
かなり遅いんですが、現在うちでは夏のバカンスを計画中。1週間、海辺でひたすら食っちゃ寝食っちゃ寝するのが目的です。

・候補地・
ギリシア(私の第一希望)→飛行機がとれない。*1月くらいから予約するのが普通らしい。
  
サルデーニャ島(夫の第一希望)→ホテルが高い。交通費を考えると、国外へ出たほうが安い。
  
リグーリア州(近いからなんとなく)→アパート借りるなら安いけどねぇ。家事付きはちょっと。

ホテルに泊まると、たいていは朝晩の食事つき(お昼は適当に外で食べます)。子供の遊べるスペース(プールなど)も完備・・・となると、やはりそこそこの値段になります、どこ見ても。
ちなみに、アパートを借りるとホテルの半分くらいの値段になりますが、食費・光熱費はもちろん別。家事をやらなくちゃいけないところが痛い。

・妥協案・
今回の旅行代金を貯めておいて、来年オーストラリアに遊びに行く。

今回の旅行代金で食洗機と食器棚を買う。

1週間、ホテル並みのサービスを自宅で実行するので、今回の旅行代金全額私にください。


この妥協案はすべて私が提案したものなので、夫も娘も特に嬉しくないと思います。というか、かなりイヤだと思います。
いやー、でもね、1週間どこかでのんびりしようと思ったら、軽く1000ユーロは覚悟だし。
ま、引き続き検討・・・ということで。とか言ってるうちに夏が終わりそうですが。


写真のフォカッチャは数日前のお昼ご飯。ミニサイズのフォカッチャを焼いたので、具沢山のサンドイッチにしてみました。中身は下から、ハム、ゆで卵、ブリーチーズ、パプリカのグリル(オイル漬け)。食べるときには、横に添えてあるサラダも一緒に。でかいので、ちょっと食べづらかったけど。
by t-fortunati | 2005-06-06 21:58 | うちの食卓
チョコレートティラミス
a0013875_22175064.jpg
こんなはずじゃなかったんです。私はただロールケーキが作りたかっただけなんです。なのに、なのに、焼きあがったチョコレートケーキを型(24×28cmのシリコン製)からはずそうとしたら、まっぷたつに割れやがりました。

「ひーっ!」

硬直すること数十秒。頭の中でこの割れたスポンジケーキの使い道を考える。もういっそのことゴミ箱にぶち込もうかとも思いましたが、そんなこと許されはしない。
うう。くるりとロールケーキを巻きたい気分だったのに!ぶつぶつ文句をたれながら、結局出来上がったのはティラミス。これならスポンジがボロボロでも関係ないから。
しかし普通のティラミスじゃ面白くないので、「チョコレート仕様」にしました。「高カロリー仕様」という表現でもいいかもしれません。
エスプレッソコーヒーを染み込ませたチョコレートケーキに、マスカルポーネクリームをはさみ、チョコレートソースと削りチョコレートで仕上げました。
普段のティラミスはサボイアルディ(フィンガービスケット)を使いますが、スポンジケーキでやったほうがやっぱり美味しい。まあでも、ティラミス作るためにわざわざスポンジ焼いたりしないけどね。

a0013875_14361467.jpg
ちなみにこのチョコレートソース、最近買った料理雑誌についていたおまけです。FABBRIのチョコレートソースですよ。表紙をめくったら、広告の上にぺたりと貼り付けてありました。あと、ドライイーストがついてるときもあったなぁ。
変なカバンやスカーフがついているより、よっぽど実用的。これがなかなか嬉しかったりする。
by t-fortunati | 2005-06-05 07:43 | うちの食卓