<   2004年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ごあいさつ
a0013875_830024.jpg




      いつも「うちの食卓」に遊びに来てくれるみなさま、ありがとうございます。
                   よいお年をお迎えくださいね。

              来年35歳かあ・・・誰か嘘だと言ってください。
by t-fortunati | 2004-12-31 09:42 | ご挨拶・お知らせ
クリスマスケーキ 2004
a0013875_1791640.jpg
ドルチェです。本当はほかにも用意していた料理があったんですが、少量ずつでもパスタ2品食べて、メインの肉を食べたら、普通はお腹いっぱいになりますわね。今年はお客もいなかったので、家族で好きなように気楽に食べました。

ところでこのケーキ、こっちの雑誌で見つけたレシピを参考にして作ってます。どこを参考にしたかというと、白いクリーム部分。これ、実は生クリームだけではなくて、ホワイトチョコレートがどーんと入っておるのです。おまけにバターも砂糖もたっぷり。
作りながら、なんかやばいような気がしてきて、途中で砂糖の量は半分にしたけど、よく考えたらホワイトチョコレートこんなにたくさん使ってるのに、なんで砂糖がいるのさ!
いや、でも、あとからクリームを泡立てるときに、必要な成分なのかなーとか思ったりして・・・。レシピを勝手に変えすぎるのは失敗の元だしー。

という葛藤のもと、できたケーキはやはり甘すぎ。甘党の夫でさえ「ちょっと甘すぎるね」と言った。やっぱりどう考えても、このクリームに砂糖はいらない。
ホワイトチョコレートを使ったケーキが食べたくて作ってみたけど、これなら生クリームだけの方が美味しかったはず。

a0013875_716982.jpgちなみにこのケーキ、ココアのスポンジを直径10センチほどの型でぬいて、3段に重ねてます。
そして恐ろしいことに、このサイズのケーキが4つも出来上がってしまった。
もちろん余りまくり。誰も2回目は食べてくれない。



今年のクリスマスケーキは失敗に終わりました。
by t-fortunati | 2004-12-30 18:27 | クリスマス
仔牛肉のステーキ 野菜クリームソース
a0013875_16111331.jpg
のんびりしていたら今年も終わってしまいそうなので、クリスマスメニューをちょっと急いで更新します。

クリスマスといえばチキンとかターキーですが、うちは普段そればっかり食べているので、メインにはあえて仔牛肉を選びました。
スーパーでとっても美味しそうなフィレ肉を見つけたので、値段は考えずにカゴの中へ。日本で買うよりかなり安いですけどもね。
それにしても、このフランス生まれの仔牛肉、最高に美味しかった~。焼き具合がとてもよかったのです(自画自賛)。あんまり生っぽい肉は好きじゃないのですが、ちょうどいい感じに中がうっすらピンクになりました。
うちでステーキ焼いて、こんなに柔らかい状態で食べられるなんて、おそらく初めてではないかと。いつもは焼きすぎてかたいか、質のよくない肉を食べているかのどっちか。ま、でも赤身のステーキなんて、普段あんまり食べませんけどね。
ソースは野菜のクリームソース。玉ねぎ、セロリ、パプリカなどを固形スープで煮込み、生クリーム、トマトピューレ、バターなどで味を調えていきます。最後に茹でたアスパラも加えました。
これがねえ、またおいしかったんですよおお!一口食べて、思わず「ご飯もってこい!」って言わずにはいられない味でした(実際、翌日は残り物をご飯と一緒に食べましたが)。
by t-fortunati | 2004-12-29 16:19 | クリスマス
ラビオリ
a0013875_18482661.jpg
もう一品パスタです。といっても、前回のトルテッリーニと形が違うだけで、中身はいっしょ。丸い形にくりぬいてみただけ。
同じパスタに同じ詰め物をしても、形が変わると名称も変わるようです。地方によって本当にさまざまなので、いまだにその基準がよく分からない。

写真のラビオリは、オリーブオイル、バター、にんにくでドライポルチーニをソテーしたソースであえたもの。私はこの食べ方が一番好き。
パスタを2品出して、ちょっとだけ「いつもと違う感じ」を家族にアピールしてみました。多分、誰もそんなこと気がついてないんでしょうけどぉ。

More
by t-fortunati | 2004-12-27 22:47 | クリスマス
トルテッリーニ
a0013875_4482225.jpg
ここでクリスマスの挨拶もできないまま、気がつくともう26日。当たり前だけど、今度は新年を迎える準備で忙しい(私が個人的に忙しいだけです)。
それでも、少しブログめぐりをしてみると、いろんなところで豪勢なクリスマス料理を見た。すごい、みんなすごい、豪華すぎる・・・。うちは友達と一緒にピッツァを食べたり、外出先でマクドナルドに入ったりしていたので、クリスマスとはいえ、あんまり普段と変わらなかったんだけどな(汗)。

そういうことで、まだまだバタバタしてはいますが、このクリスマスに作って食べたものを、ゆっくりと一品ずつ紹介していこうと思ってます。

a0013875_1744588.jpg私の住んでいるエミリア・ロマーニャ州では、クリスマスのパスタといえば、やはりトルテッリーニ。今年は23日の夜中までかかって、これを大量に作りました。これで年末まで何かと心強い。
中身は挽き肉、生ハム、パルメザンチーズなんかです。いろんな食べ方がありますが、まず最初は、シンプルにスープに入れて食べました。生クリームなどのヘビーなソースであえたりもしますが、これはこれであっさりしていて美味しい。

生パスタやさんではこの時期、トルテッリーニの予約は必須です。スーパーに行っても、袋に入ったものがたくさん売られていますけどね。でもこういうのは形がきれいな分、パスタが乾燥していてかたそうに見える。あんまり食べたことはないので味の方はよく分からないんですが。
ま、しかし。やはりクリスマスには手作りのものを食べたいと思いますね。
by t-fortunati | 2004-12-26 18:21 | クリスマス
クリスマスのビスケット
a0013875_20242258.jpg
明日は24日ですか、まったく信じられない。やらなきゃならないことは、まだ山ほどあるのに!大掃除はもちろんのこと、クリスマスの献立もまだ決めてない、プレゼントも買い揃えていない、おまけに足が痛い。なのになんでブログやってるのか、と一応自分にきいてみる。

今日は朝からスーパーにお買い物に行ったら死にそうでした。人、人、人、人、人!当たり前だけど、人!分かってたけど、人!
なんかいろいろ買い忘れた気がするけど、もういいわ(負)・・・って感じで帰ってきました。もう普段と何も変わらないようなクリスマスメニューになるような予感。

写真は昨日作ったビスケットの一部です。もっといろいろチョコレートで飾り付けたかったんですが、途中でくじけました。
ああ、今からパスタ打って、クリスマスケーキも焼かなくちゃあ・・・ではでは、頑張ってきます。
by t-fortunati | 2004-12-23 20:52 | クリスマス
スープパスタ
a0013875_1513308.jpg
家族の誰かが体調の悪いときは、よくこういうものを作る。細かく切った野菜とスープ用の小さなパスタをスープで煮込むだけの料理。
きちんと肉や野菜からスープをとれば、味も栄養もさらによくなるとは思うけど、うちはいつも固形のブイヨン使ってます。へたれです。まあ、それでもけっこう美味しいから気にしない。
気がむいたら、何か少したんぱく質を加えますが(今回はハム入り)、チーズを添えて食べることが多いので、野菜とパスタのみでも物足りなくはないです。

今回これを作ったのは、娘の発熱のためではなく、夫の胃の調子が悪かったため。それでもこれにパルメザンチーズをどばどばかけて食べるあたり、私には大いに疑問。しかし、こういうのが夫にとっては「体にやさしい食べ物」になるのでしょう。
私ならこういう時、絶対にごはんが欲しくなるけどな。おかゆでもお茶漬けでもいい。ごはんくれ。
by t-fortunati | 2004-12-21 16:24 | うちの食卓
ヨーグルト入りリコッタチーズケーキ
a0013875_15302535.jpg
うちの定番、リコッタチーズケーキに水切りヨーグルトを混ぜて焼いてみた。一晩水を切っておいたヨーグルトはとても美味しそうだったので、かなり気合いを入れて作業に挑んだ。
・・・のに、そばにいた娘からの「絶対にチョコレートを入れろ攻撃」に負けた。私はもっとシンプルな、もしくはフルーティなチーズケーキにしたかったのにな。
このケーキ、見た目はいつもと変わらないけど、やはりヨーグルトが入った分、味が爽やかでした。くぅ~、チョコレート抜きで食べたかった!


a0013875_1531089.jpgところで、昨日は娘の幼稚園のクリスマス発表会でした。5歳児中心のお芝居と児童全員による合唱、それから最後には、非常にうそ臭いサンタクロースが登場して、子供にお菓子を配りまくって幕を閉じました。約1時間半、かなり楽しませてもらいました。やっぱり子供はかわいいなあ。

*この下の写真に娘は写っておりません。後ろの方にいて見えなかった・・・。



a0013875_15314648.jpgそしてこの発表会のあと、家族3人で映画館に行き「シュレック2」を見てきました(今頃公開なんです、こっちは)。
面白かったけど、これはやはりイタリア語の吹き替えじゃなくて、英語版で見たいと思いましたね。
そのあと3人でブルスケッタやらピッツァなんかを食べ、あ~楽しかったね!と言いながらうちに帰ったら、娘が発熱してました。いきなり39度も出るんだなー、子供って。今朝起きたらだいぶん熱は下がってましたけど。
そういうことで今日は娘と二人、家の中にこもります。
by t-fortunati | 2004-12-20 16:32 | うちの食卓
corzetti
a0013875_05149100.jpg
最近、夫が英語のクラスに通い始めました。週に一度、2時間だけの授業に、毎回嬉々として出かけて行くのはなぜ。
私の夫は、日常会話に困らない程度には英語をしゃべる。しかし使っている教材を見ると、明らかに夫には簡単すぎる内容。案の定、話を聞いてみると、夫はクラス一の優等生だそう。
そうか、だから楽しいんだな。しかし、そんなの意味ないんじゃ・・・(禁句)。

ところで。「(多くの)イタリア人の話す英語」は「(多くの)日本人の話す英語」と同じように、発音に独特の癖があります。語尾をはっきりと言い過ぎるせいか、けっこう格好悪いのが多いと思う。
テレビを見ていても、たまにびっくりするような英語で通訳しているイタリア人を見ることがある(もちろん本業ではないんでしょうけど)。ものすごいビッグスターに、どうしてもっとちゃんとした通訳者をつけないのか、不思議に思う時もしばしば。
昔、U2のボノがテレビ番組で、イタリア人に英語で何かを質問されてたところを見たことがあるんですが、明らかにその質問の内容は通じていませんでした。
で、少し考え込んだボノが、「わからん」と一言。しかもそれをイタリア語で言い返したときには笑いましたね。

ちなみに夫の英語は「イタリア人の英語」ではなく、発音・文法含めて完璧な「日本人の英語」です。これは言うまでもなく、私のおかげ・・・じゃなくて、私のせい。
だから、夫は日本に行っても、日本人と英語で会話をしやすいという利点があるんですが(笑)。

a0013875_0523043.jpgで、今日の料理。よく行く大型スーパーのパスタ売り場で、以前からずっと気になっていたもの。
なんだか、昔のアイスクリームについてくる木のスプーンの縮小版のようで、変わってるなーと思いつつ、毎回手にとって眺めていたもの。ブログ用に勇気を出して買ってみました。
このcorzettiはLiguria(イタリア北西部)の名産らしいです。今回は簡単に、作りおきのミートソースとあえて食べたんですが、モチモチしていてなかなか面白いパスタでした。
マジョラムを使ったソースのレシピが袋に書いてあったので、おそらく本場ではその組み合わせが有名なんだと思います。
by t-fortunati | 2004-12-17 18:52 | うちの食卓
おかずフレンチトースト
a0013875_21143855.jpg
このあいだパネトーネでフレンチトーストを作ったら、ロンドンのjondoshさんも、とっても美味しそうなフレンチトーストを作ってました。
さらにハムやチーズをはさんだ「おかず系」フレンチトーストも美味いよ!ということだったので、うちでもさっそくやってみた。

jondoshさんは牛乳使ってなかったけど、私は卵、牛乳、塩・コショウ、パセリを混ぜたものにパンを漬け込み、ターキーのハムとチーズをはさみました。
娘は一口食べるなり「ほほう!」と言い、夫は何を勘違いしたか「パンをくれ」と言った。パンやっちゅうねん。
ともかく二人からも好評でした。また作ろう。

ところで、こういうのクロックムッシュとかいうんじゃなかったっけね。で、半熟目玉焼きがのるとクロックマダムとかなんとか・・ほれ。それともまた全然別物?

・・・と、いい加減なこと書いてないで、ちょっと調べてみました。
ハム・チーズサンドに変わりはないけど、やはりフレンチトーストみたいに卵液につけたりしないのですね。そうかそうか、これもまた美味しそうね。今度やってみよう。
by t-fortunati | 2004-12-14 22:23 | うちの食卓