<   2004年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧
前菜三種
a0013875_61229.jpg
このあいだ行ったタベルナ(食堂)には、前菜の野菜料理がずらりとテーブルに並んでいた。好きなだけ自分で取って食べていいらしい。味付けは基本的に塩、オリーブオイル、レモン。好みでバルサミコ酢をかけたりチーズをかけたり。

うちで数品真似してみました。じゃがいもは皮ごと茹でて、皮をむいて、盛り付けてから塩、レモン、イタリアンパセリ。
紫の千切り野菜はラディッキョという野菜。少し苦味のあるレタスのような野菜です。そこに、オーブントースターで焼いたササミ、セロリ、黄色のパプリカ、グリンピースが入っています。これは私のお気に入りで、ほとんど一人で食べてしまいました。
それからトマトとオリーブとモッツァレラのサラダ。
本当はchosi_tさんのような野菜料理いっぱいの食卓にしたいんだけど、野菜嫌いの家族と一緒ではなかなか難しい・・・。イタリアの野菜はとても美味しいのに残念です。
by t-fortunati | 2004-06-30 06:13 | うちの食卓
スペックとズッキーニのペンネ
a0013875_141045.jpg
先週行ったタベルナでおしえてもらったパスタです。ソースに生クリームを加える前に、ウォッカを入れてフランベ(火をつけてアルコール分を飛ばす)してあります。フランベは初めてやってみましたが、鍋の中がきれいに燃えるので嬉しくなりました。またやろう。
「スペック」とは、簡単に言うと生ハムをスモークしたようなものです。けっこうスパイシーな味なので、生ハムが苦手な私もこれなら食べられます。

で、味の方ですが、ウォッカで風味付けしたことによって、明らかにいつも食べている生クリーム入りのパスタよりも美味しくなっていると感じました。多分、生クリーム入れなくても美味しいと思うな。
by t-fortunati | 2004-06-29 14:12 | うちの食卓
アプリコットヨーグルトのジェラート
a0013875_153113.jpg
週末は出かけていたのでほとんど料理してません。なので、このあいだ作ったジェラートをご紹介。
アプリコットヨーグルトのジェラート・・・といっても、アプリコット味のヨーグルトと生クリームをアイスクリーマーに入れただけなんですけどね。今が旬のさくらんぼをつけて食べました。

昨日は友達の家でパスタをご馳走になった。もやしとむきえびのスパゲッティーニ。私のためにオリエンタルな味付けをしてくれたそうです。中華そばを食べているようで美味しかった。しかし夫にはつらかっただろうと推測(食べるの遅かったもん)。たまに人が作ってくれるものを食べると新鮮ですね。
土曜日はピアチェンツァの街にある、小さなタベルナ(リストランテよりも気軽な食堂のような店)へ行って食事をした。なぜか会員制のこのお店。おじさん3人でやってましたが、ここで出されたものは全部びっくりするほど美味しかった。いろいろ作り方をきいてきたので、今日はさっそく真似してみるつもり。
by t-fortunati | 2004-06-28 15:32 | うちの食卓
クリームあんみつ・水ようかん











大量に出来上がったこしあんを見ていると、なんだか白玉団子が作りたくなった。そうすると、やはりここはどう考えてもあんみつだな、ということで寒天を用意。作り置きのバニラアイスに抹茶も混ぜた。それから粉寒天が余りそうだったので、ついでに水ようかんも作った。
こんなに作って、一体誰が食べるのか・・・私しかいません。だけど、幸せ。

私は関西育ちなので、あんみつ類はたいてい白蜜です。関東では黒蜜が一般的なんでしょうか。どっちでも美味しいですけどね。
日本にいた頃は、よく買い物の途中でふらりとお店に入って、かき氷とかわらびもちなんかをさらりと食べてました。こういうお店は一人でも平気で入れますね。一人で食事している女の人が多いからかな。
ケーキも大好きだけど、やっぱりこっちのほうが落ち着くー。
by t-fortunati | 2004-06-26 17:41 | うちの食卓
手打ちうどん


パスタマシーンで作る手打ちうどん。こねる作業はホームベーカリーがやったのでとても手軽でした(あれ?じゃあ手打ちじゃないってことになる)。
初めて作るので分量は少なめで。小麦粉は家にあるものを使いました。何を使えばいいのかまだよくわからないので。
しかし、出来上がりはよかったですよ。ぷりぷりと茹で上がりました。感動です。
a0013875_192413.jpg

しょうがとねぎでシンプルに食べるのもいいけど、うどんにはかき揚げ!な私。イカと野菜のかき揚げをしっかりと用意し、2杯目にのせて食べました(ミニどんぶりです。一応ね、念のため)。
娘にはひじきの煮物をのせました。美味しいですねー、手打ちうどんはこしがあって。
次回はもっとたくさん作って冷凍します。
by t-fortunati | 2004-06-25 19:25 | うちの食卓
いちご大福
a0013875_11925.jpg
このあいだ急にあんこが食べたくなり、スーパーで小豆を買ってこしあんを作りました。ぎゅうひ部分はチャイナマーケットで買ったライスパウダー(グルテンなんとかパウダー・・・よくわからない)に砂糖とお水を混ぜて、電子レンジで作ります。とても簡単にできます。
問題なのは、うちでは私以外に誰も和菓子を食べないこと。たくさん作ったら何がなんでも一人で消費しなくてはなりません。ま、冷凍する手もあるけどね。
大福は焼いてから食べても美味しいですね。このあいだ台湾の友人から美味しいお茶をもらったのでさっそく入れてみよう。
by t-fortunati | 2004-06-23 01:20 | うちの食卓
オムライス
a0013875_15431.jpg
料理雑誌・オレンジページをパラパラとめくっていた夫が、ふと手を止めて私のほうへ近づいてきた。
「これ好き」と言って指差したのはオムライス。薄焼き卵でくるんと包んだものではなく、半熟のスクランブルエッグがのっかっているもの。簡単だから夫の意見を即採用。作らせていただきました。
いつものように土鍋で少しかためのご飯を炊いてチキンライスを作り、スクランブルエッグ(ちょっと火が入りすぎた)とペペロナータ(パプリカのトマト煮)をのせた。ちょっとごはんが多すぎたかも・・・けっこうなボリュームでした。
娘にはプリン型でご飯を抜いてあげたら喜んでました。単純だなー。
by t-fortunati | 2004-06-21 15:44 | うちの食卓
ショコラケーキ
a0013875_232557.jpg
昨日は晩ごはんのあとにお客さんが来ることになっていた。少しだけ寄っていくから、ということだったので、ここは当然エスプレッソとケーキだろう!と思ってしっかり準備しておいた私。なのにその客人たちは、お腹いっぱいだから何もいらないと言って手をつけなかった。きーっ!

このケーキは片岡護さんのレシピを参考に作りました。小麦粉もバターも入っていないんですが、卵は普通のケーキの倍ほど入っています。これだけメレンゲが入るとシフォンケーキ並みにふわふわ。やっぱりチョコレートケーキは美味しいなー。
by t-fortunati | 2004-06-19 16:21 | うちの食卓
ズッキーニの重ね焼き
a0013875_835.jpg
またドローに終わってしまったイタリア(ユーロサッカーの話です)。あのままイタリアが逃げきって終わると思ったのに、最後の最後に追いつかれてしまった。残念。
うちの夫はテレビを見ながらビエリを罵倒しまくっていた。「どこみてる!」「うちへ帰れ!」
しかしデルピエロが失敗してもそんなに怒らない。後半、彼が交代するときには「よくやったね、次も頑張れよ!」と声をかけるほどやさしい。夫はユベントスファンなのだ。そして娘もそばで何故か「ユーべ!ユーべ!」と声援をかけていた。まちがってるけど、いいことにしよう。ブッフォンはまた優男風の髪型してたけど素敵だったし。家族揃ってユベントス贔屓!ってことで。
そして現在イタリア中から「バカ!」と呼ばれているであろうトッティ。彼は彼女と観客席でしたね(日本でも映ってたかなあ)。自分のチームメイトがゴールを決めた時はすごく嬉しそうだった。
あー、それにしてもイタリアが今日の試合に勝てなかったのは痛すぎる。

すみません。サッカーに興味のない人には長い前置きでした。私も普段はそんなに興味ないほうなんですけど。
ところで。今日はズッキーニの重ね焼きを作りました。ズッキーニをフライしたものとトマトソース、パルメザンチーズを重ねあげてオーブンで焼きます。パルメザンチーズはたっぷりめで。
ズッキーニは焼いただけでも素揚げにしただけでもかなり美味しい。だけど日本ではまだまだ高い野菜であるのが残念ですね。
by t-fortunati | 2004-06-19 06:36 | うちの食卓
カンパネッレ チキンとほうれん草のクリームソース
a0013875_182314.jpg
ガスを止められた。ミラノから夜遅く帰ってきたらお湯が出ない、ガスコンロが使えない。どうやら昼間ガス会社が来て、勝手に栓を締めたらしい。何の警告もなしにこういうことをやるのは知っていたけれど、何もわざわざ家を留守にしている日に来なくてもいいじゃないか。私たちも相当運が悪い。

話せば長い話になる。だけど、あえて語らせてもらいます。このイタリアの生活事情。
今回ガスを止められたのはガス代を払っていなかったから。だけど私たちは請求書を受け取っていない。確かにしばらく請求書が来ていないな、とは思っていた。しかしここでは毎月きっちり請求書が届くわけではない。

それから原因はもうひとつ郵便局にもあって、今年の2月にしばらく日本へ行く際、うちの郵便物を局留めにしておくように頼んだ。それが帰国してからもずっと郵便局留まりになっていたので、いっこうにうちに郵便物が来なかった。何度郵便局に行ってちゃんと配達してくれるように頼んだか分からない。4ヶ月間こんな調子だったので、ほかの請求書なんかも支払期日を過ぎて払ったものがあった。しかしその中にはガスの請求書は入ってなかった。もしかしたら返送されていたのかもしれない。そのへんはもう謎だ。
*うちは公共料金を銀行から引き落とすようにしていない。なぜなら、これにもいろいろ問題があって、日本のように簡単明瞭ではないから。これについてはまた長い話になるので、やめておく。

で、このガス栓を開けてもらうのに2日かかった。この1分かからない仕事のために私たちは二日間、水シャワーと電子レンジ料理で過ごした。
請求書が来なかったことに気づかなかった私たちが悪いとガス会社は言う。きっと次のガス代の請求書にはこの延滞料金が加算されているはず。

日本と比べてはいけない、ここはイタリアである。日本の常識はこっちでは通じない。そう思わなければ住めない、この国には。イタリア人の夫でさえ、この理不尽さには頭を抱えることがある。
どうしてこうなるのか、誰に苦情を言えばいいのか、分からない。たいてい「運が悪いと損をする」のが現状で、誰も責任なんてとってはくれない。仕方ないとあきらめるだけ。
そういう意味では、イタリアは暮らしにくいところであると思う。
だけど、イタリアが嫌いかときかれると、そうではない。私はイタリアの良いところも悪いところも、イタリア人の人間性にあると思う。幻滅させられることも多いけど、また救ってくれるのも、彼らイタリア人であるから。

いいところですよ、イタリアは。いえ、ホントです。

長くなりました。では今日の料理について。
「カンパネッレ」という名のパスタ、初めて買ってみました。まあ、普通かな。ソースはほうれん草をフードプロセッサーにかけて生クリームと混ぜ、グリルしたチキンを加えています。悪くないけれど、もう少し何かが足りないなーという感じ。
by t-fortunati | 2004-06-18 18:24 | うちの食卓