カテゴリ:誕生日( 9 )
La festa del compleanno
a0013875_6414375.jpg
昨日は学校の最終日。終業のベルが鳴ると同時に校舎の中から子供たちのものすごい歓声が上がり、娘は半分踊りながら校門を出てきました。ああまた今年も、長い長い、長過ぎる3ヶ月半の夏休みに突入したのねー(遠い目)。
今月に入ってからもパーティや発表会なんかのイベントで予定はぎっしり。週の半分はピッツァを食べてるような感じになってます。送り迎えや付き添いなど、クラスメイトの親同士が手分けして子供の面倒を見てはいるのですが、いやーもう、それにしても大変なのは親ばっかり。

写真は、昨日の娘の誕生日パーティで子供たちに振り回されている pagliaccio (ピエロ)。誕生日会なんかに呼ぶと、ゲームや手品、風船などで遊んでくれます。子供って大人数になると、男子女子に別れて好き勝手に遊びだしてしまうので、誰かまとめ役が必要なのです。去年までは夫が宝探しゲームを準備したりして大変だったのですが、今年は彼のおかげでラクできました。暑い中、無償で働いてくれてありがとねー!Grazie Mike!
by t-fortunati | 2010-06-05 20:31 | 誕生日
tiramisù
a0013875_1529935.jpg


More
by t-fortunati | 2009-04-03 17:03 | 誕生日
La festa di compleanno
a0013875_2346194.jpg
土曜日は娘の誕生日会でした。本当の誕生日は、2週間も先なんですけどね。

More
by t-fortunati | 2008-06-09 03:29 | 誕生日
Buon compleanno papino
a0013875_5594545.jpg
4月1日は夫の誕生日でした。

More
by t-fortunati | 2007-04-02 08:40 | 誕生日
お誕生日おめでとう
a0013875_14474697.jpg
6月21日は娘の誕生日でした。6歳になりました。
とはいっても、先週の金曜日に幼稚園のお友達を家に招いて、すでにパーティーを済ませていたので、誕生日当日は特に何もしなかったんですが。
*トップの写真は、夫が買ってきたくたびれた花束と毎年恒例の手形カード。

で、その誕生日パーティ。こっちは今が年度末ということで、娘のクラスの半数はすでにバカンスに出かけており、結局招待できたのは5人だけでした。しかもそのうち4人が男の子だったという・・・いや、いいんだけどね。でも来年はもっと早い時期にやるべきだなと思いました。
a0013875_16521099.jpg
そして、今年の誕生日ケーキはというと・・・
a0013875_1514508.jpg
こうなりました。私は別のものをいろいろと考えていたんですが、娘が自分でケーキの飾り付けをすると言うので好きにさせました。ちょっと不安でしたが、子供達が一緒に楽しそうにやっていたのでよかったです。
ピッツァ焼いてサンドイッチ作って、あとはポテトチップスやジュースを並べるだけの簡単なパーティですが、もちろん招待した子供達のお母さんも一緒に来るわけで・・・数日前からいろいろと緊張していた私なのでありました。
いやはや、なんとか無事に済んでよかったよー。
by t-fortunati | 2006-06-23 23:10 | 誕生日
誕生日のケーキ
a0013875_828236.jpg
誕生日当日、チョコスフレのアイスクリームのせを作る私の計画は、あっさり変更されました。
「いちごの載ったケーキにろうそく立てたい!」と娘が言うのです。いちご嫌いなくせにね。しかもろうそく吹き消すのは私なのにね。

簡単にチョコスフレを焼いてごまかそうと思っていたのに、面倒なことになったなー、いちごと生クリーム買いに行かないといけないし、ああ面倒くさい面倒くさい。
だけど面倒ついでに、今回は娘にデコレーションを任すことにしました。余計に私の仕事が増えることは確実なんですけど、「なんぼでも汚せ」の精神で、海よりも広い心を持つことにしました。

More
by t-fortunati | 2006-02-27 08:19 | 誕生日
ズコット風 バースディケーキ
a0013875_15252530.jpg
昨日は朝からスポンジケーキを3枚(天板で)焼くことから始まりました。成形に失敗したときのことも考えて多めに焼いたのです。勝負ケーキを作るときの、こういう余裕は大事だなと思います。
しかしまあ、結局失敗しなかったので、たくさん余りましたけどね・・・残りは冷凍庫へ。

ズコットというのはドーム型のケーキで、スポンジケーキの中心にクリーム系のフィリンングなどが詰まっているものです。
しかし。実は私はこっちで一度もズコットを食べたことがありません。雑誌などにたまにでているものを見ると、作り方も形もさまざまでフィリングにもいろいろあるようです。ドライフルーツやナッツの入っているものが多いかな。
なので、どういうものが本物のズコットであるのかよく分からず。今回のタイトルも「ズコット風」ということにしておきました。
a0013875_1523419.jpg
このケーキ、細長い三角に切ったスポンジケーキをドーム型に敷き詰め、そこにフィリングを流し込んでまたスポンジでふたをする、という作り方になっています。
初めて作る私には、スポンジを敷き詰める作業が難しそうに思えたのですが、実際はそうでもなかったです。中身はマスカルポーネのムース。切りやすいように、ゼラチン多めで仕上げています。作業中の写真も撮っておけばよかったのですが、そんな余裕まったくなし・・・。

ふたをしたらいったん冷凍庫に入れます。4~5時間後に取り出して生クリームでデコレーション。トップにラズベリー・ブルーベリーをのせ、「BUON COMPLEANNO JULIA!(誕生日おめでとう)」とチョコレートで貼り付けて終了。
私は手の込んだ美しいデコレーションは好みではないので(できないし!)シンプルに仕上げました。フルーツの上に粉砂糖かけてもよかったかな。

*このアルファベットのチョコレート、前日に一生懸命、小さな小さな型にチョコレートを流し込んで作りました。暑いから溶ける溶ける。これが一番大変な作業だったかも。

このケーキを作るのに、いったいどのくらいの砂糖と卵を使ったのか。訊かないでください。作った私にも分かりません。途中で卵も砂糖も足りなくなって、買いに出かけたくらいです。ひー。

それにしても想像を絶するほどでかいケーキが出来上がりました。使ったドーム型は決して巨大ではなかったんですけどね。いい勉強になりました。
昨日の夜も今日の朝も、みんなでこのケーキ食べましたが、まだ半分以上余ってます。冷蔵庫に入れておくのもかなり邪魔です。時間かけて作っても最終的にこうなるのねー。

今年のプレゼントは
by t-fortunati | 2005-06-22 18:44 | 誕生日
お誕生日おめでとう
a0013875_4542285.jpg

6月21日は娘の誕生日でした。5歳になりました。
写真のケーキの詳細はまたのちほど。

つ、疲れた。
by t-fortunati | 2005-06-22 05:24 | 誕生日
サフラン風味のタリアテッレ スカンピのソース
a0013875_23292852.jpg
前回思わせぶりに書いた「あるもの」・・・実はこれでした。スカンピ。手長えびね。
10匹買って、値段は1500円くらい。「え、そんなもん?」と思われたかもしれませんが、高いです。私の中ではかなり高いです。だって、たかがパスタソースに1500円ですよ。そりゃリストランテで食べたら、3人分で3倍はするでしょうけども・・・。
a0013875_15462173.jpg
実はうちでスカンピを料理するのは、今回が初めて。私はシーフード大好きなんですが、夫は内陸で生まれ育ったせいか、あんまり進んで食べようとしないし、なんといっても魚介類は高いからあんまり買わないんです。あ、あと昔ボンゴレに大当たりしたことも、シーフードをあまり食べない原因のひとつかも。

a0013875_15464177.jpgそれにしてもこのスカンピ、パスタソースにするととってもいい味が出ました。さすが1500円。
なのに、夫は面倒くさがって身を食べませんでした(娘は怖がっていたし)。
結局全部私一人がほじくって食べましたがな。あ、10匹っていっても、ちょこっとしか身はありませんからね。軽いもんです。んもう!甘くて美味しかったぁ。
しかし、身を食べないのなら、ミニスカンピを買えばよかったと後悔。だって値段がずいぶん違うのよー。ソースとして使うのなら、ミニサイズで十分美味しくできると思うし。

パスタはこのあいだ作っておいたタリアテッレ。サフランを混ぜ込んで打ったものです。ソースと相性抜群でした。
このスカンピソースのパスタ、またぜひとも食べたいけど、今度はいつになることやら。
by t-fortunati | 2005-04-03 23:35 | 誕生日