カテゴリ: うちの食卓 ( 467 )
チョコレートタルト
a0013875_21524096.jpg
ああ、またとんでもなく久しぶりの更新になってしまった(汗)。
もうそろそろ春かなーと思わせつつ、まだまだ朝晩は寒い北イタリア。なので、チョコレートのお菓子もまだまだいけてます。
特にこのがっつりとチョコレートの入ったタルト、夏には決して作れませんので、今のうちにせっせと食べております。
常温で食べると、フィリングがチョコプリンみたいなタルトです。一度でも冷蔵庫に入れるとチョコレートが固まって普通のチョコタルトになってしまいますが、それもまた美味。

*前回の記事にcioccolata caldaのレシピを追記しております。
by t-fortunati | 2011-02-24 22:15 | うちの食卓
cioccolata calda con panna
a0013875_7244233.jpg
チョッコラータ・カルダ(ホットチョコレート)ホイップクリームのせ。カロリーは、きっと高いです(笑)。

*このチョッコラータの作り方は、こちらのレシピ本の一番最後に載せているのですが、今回は担当編集者のO田さんから許可をもらいましたので、簡単にレシピを紹介させていただくことにしましたー。
過去のチョッコラータ・カルダの記事はこちら→ 2004 2005 2007 2008 2009

More
by t-fortunati | 2011-02-08 08:26 | うちの食卓
cioccolata calda(準備中)
a0013875_6102280.jpg
うわー、もう2月ですね。春が来る前に、早いところチョッコラータ・カルダの記事を書かなければと焦っているのですが、昨日撮った写真はすべてボツでした(涙)。
トップの写真はただのココアパウダーじゃなくて、チョッコラータの素。もちろんスーパーに売ってるやつじゃなくて、自家製の。本日写真を撮り直す予定なので、詳しいことは次回!

*過去のチョッコラータの記事はこちら→ 2004 2005 2007 2008 2009
by t-fortunati | 2011-02-04 08:57 | うちの食卓
arancini di riso
a0013875_521571.jpg
先々月くらいでしたか、娘と一緒にちょっと遠いところへ出かけてました。けっこう寒い日で、ぶるぶる震えながら歩いていたのですが、珍しくそこで見つけた屋台のアランチーニが感動的に美味しかったのでした。その時は絶対近いうちに家でも作らねば!と思っていたのですが、そんなことはすっかり忘れて数ヶ月が経過。

More
by t-fortunati | 2011-01-24 06:36 | うちの食卓
piadina romagnola
a0013875_23272136.jpg
私がブログを始めた当初にも一度紹介したことのあるピアディーナ。夫と娘も大好きなので、今でもよく食べてます。以前はすでに焼いてあるピアディーナをスーパーで買い、家で好きな具をのせて温め直して食べていたのですが、家で簡単に作れることを知ってからは、もっぱら手作りするようになりました。

More
by t-fortunati | 2011-01-14 08:28 | うちの食卓
passatelli in brodo
a0013875_546265.jpg
すーっかり出遅れてしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。昨年はこんな不定期更新のゆるいブログにお越しいただきまして、ありがとうございました!
今年はもう少し精力的に更新していくつもりですので(って、新年も1週間以上過ぎとりますが)、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年最初の料理は passattelli(パッサテッリ)というパスタです。

More
by t-fortunati | 2011-01-10 08:05 | うちの食卓
レンズ豆の煮物とpasta e lenticchie
a0013875_253244.jpg
クリスマスのクッキーからレンズ豆、という流れが昨年末と全く一緒なのはさておき(汗)、今年もそろそろ終わりが近づいて参りました。
この時期イタリアでは新しい年の金運上昇を願い、レンズ豆を食べる習慣があります。うちも昨晩、鍋一杯にレンズ豆の煮物を作りました。
しかし出来上がりをちょいちょいつまんでいたせいか、今日一日でお鍋は空っぽ。いつもは作りすぎて途中で飽きてしまうほどなのに、なんともめずらしい(って、ほとんど自分が食べてるんですが)。
a0013875_0345139.jpg
私はレンズ豆の煮物にパンさえあればそれで十分満足なんですが、夫と娘はそのままじゃ食べません。なのでレンズ豆の煮物にパスタとブロード(出汁)を足してpasta e lenticchieを作ってみました。
パスタとうずら豆を一緒に食べるpasta e fagioliという料理があるので、レンズ豆でもありかと思って作ったのですが、これがなかなか美味しかった。夫にも好評だったのですが、「レンズ豆なんてー」という先入観のある娘はやっぱり嫌々食べてました。
もう少し大きくなったら、こういうものがしみじみ美味しいと思うようになるはずなんだけどねぇ。

さて、今年も非常に更新のゆっくり(過ぎ)だった「うちの食卓」ですが、それでも懲りずに覗きにきてくださった方々に心からの感謝を。来年はもうちょっと頑張ります。
それでは皆様、よいお年を!
by t-fortunati | 2010-12-31 07:07 | うちの食卓
Pandoro 試作中 その3
a0013875_6395823.jpg
    焼けました。

More
by t-fortunati | 2010-12-13 06:43 | うちの食卓
Pandoro 試作中 その2
a0013875_2441973.jpg
というわけで、前回の続きでパンドーロの話です。

今回のパンドーロのレシピは、去年ここで紹介されていたものです。sorelle Similiというイタリアのおばあちゃん姉妹のレシピなんですが、検索してみると結構たくさんの人がこのレシピでのパンドーロ作りを紹介していて、写真付きの解説は非常に参考になりました。
ちなみにSimili姉妹について、私は全く予備知識がなかったのですが、何冊か料理の本も出ているようなので、早速オープンしたばかりのAmazon italiaで注文してみました。日本のAmazonみたいに的確・迅速に届くわけがない、とハナから信用していませんが(笑)。

さて、パンドーロの作り方なんですが、まず最初にイーストを水で溶かし、そこに砂糖と小麦粉と卵黄を加えて発酵種を作ります。一時間ほど放置して種が倍に膨れ上がったら(写真上)、材料を継ぎ足してまた発酵させます。これを2回繰り返します。
a0013875_245316.jpg
生地ができたら冷蔵庫で少し休め、
a0013875_245860.jpg
麺棒で生地を伸ばし、バターを折り込みます。
a0013875_24520100.jpg
ここからはパイ生地を作るのと同じ要領です。麺棒でのばして折りたたむ→冷蔵庫で休める→のばして折りたたむ→冷蔵庫、、、これを3〜4回繰り返します。
a0013875_2453185.jpg
バターを塗りたくった手で生地を丸く成形し(けっこう難しい)、継ぎ目のある方を上にしてパンドーロの型に入れます。
a0013875_2454871.jpg
室温で半日くらいかけてゆっくり発酵させ、オーブンで焼きます。



とまあ、ざっくり説明するとこういう流れなんですが、私は3回目から勝手にレシピの分量を変えて作っています(なので、上の写真の状態は元レシピで作る状態とは違うと思います)。というのも、いろいろ紆余曲折がありまして。

1回目。発酵を急いだせいか (温かいところに置いて発酵させた)ガチガチパサパサになった(ドライイースト使用)。

2回目。半日ゆっくり発酵させたらすごくまともなパンドーロができた。が、やはりパサパサ感が気になった(以後生イースト使用)。

3回目。生地にハチミツを足して、しっとりさせようという作戦に出てみた。しかし、焼きが甘く失敗に終わる(生焼けだった、、、)。

4回目。2回目同様ものすごく美味しそう(に見える)パンドーロができた。しかし、バター臭い、味がくどい。数日寝かせて味がなじんでくると美味しくなるか?と思ったけど、3〜4日後もあまり味は変わらず。

そして今回の5回目。折り込むバターを半分に減らして作ってみた。ら、、、バター減らしすぎたみたいで、型から抜けなかった!(号泣)
ええもう、無理矢理型から出したパンドーロは見るも無惨な姿でしたとも。

***

えーと。もうそろそろ夫と娘から「いいから店で買ってこい」と言われそうですが、私は負けません。実は6個目のパンドーロ、今日仕込みました(執念)。なので、パンドーロの出来上がり写真は次回です。た、多分ね。
by t-fortunati | 2010-12-06 10:09 | うちの食卓
Pandoro 試作中
a0013875_526345.jpg
あっという間に11月も終わり、今年も残すところあと1ヶ月(絶句)。そろそろクリスマスに向けての準備を始めなければならない時期に来ているというのに、ここ数週間ブログも更新せず、せっせとパンドーロ作りに励んでいる私。最初に焼いたものがガチガチに固かったので、意地になって焼き続けております。既に4回焼きましたが、納得できるものはまだできず(悔涙)。

パンドーロは「黄金のパン」という意味で、その名の通り卵色の生地をしたスポンジケーキのようなお菓子です。パネトーネと同じくクリスマスシーズンによく食べられるものですが、ドライフルーツなどは入っていません。
*スーパーに行くと、チョコチップやクリームの入ったさまざまな味のパンドーロも売られていますが、基本的にはプレーンなものです。

写真はパンドーロの主な材料(小麦粉、バター、卵、生イースト、バニラビーンズ)です。私の使っているレシピだと、あとは砂糖と塩と水があればできるはず。作り方はそんなに難しくはないのですが、とにかく発酵時間が長いので時間はかかります。
明日からまた5回目のパンドーロ作りに入る予定なので、うまくいけば次回は写真をアップできるかもしれません。多分、、、多分ね、、、
by t-fortunati | 2010-11-30 07:34 | うちの食卓