カテゴリ: うちの食卓 ( 467 )
りんごのお菓子 2種
a0013875_0132519.jpg

いただきものの紅玉りんご。作りたいお菓子はたくさんありましたが、私が一番食べたかったのは、なんといってもアップルクランブルでした。

More
by t-fortunati | 2012-11-09 01:45 | うちの食卓
紅玉りんごとくるみ
a0013875_16322011.jpg

ものすごーく贅沢ないただきもの。信州から紅玉りんごと新物のくるみが届きました。ダンボールを開けたとたんにいい香りがぶわーっと広がって大感激!

紅玉といえば「お菓子作りのためのりんご」という認識しかなかった私ですが、そのまま食べても美味しいのですね。酸味がさわやか〜。あんまりフルーツを食べない娘も大絶賛のりんごでした。

a0013875_15471421.jpg

しかしまだまだたくさんあるので、もちろんりんごのお菓子も作るつもり。家族に何のお菓子が食べたい?と聞いたら「アップルパイ」と即答されましたが、私の作りたいお菓子はそれではない。いっそ聞かなかったことにしようかと思いましたが、ちょうどパイシートが冷凍庫に入っていたので、昨日の夜作って、今朝食べきりました。写真に残す間もなく(汗)。
そして、今日は前から決めていたりんごのお菓子を作るつもりでしたが、朝から歯医者に行って下準備をしているうちに日が落ちてきました、なので続きは明日にしよう。一日終わるのが早い早い。

あ、そうそう。最近twitterを始めました。ようやくスマートフォンを持つことになったので、軽い気持ちで始めてみたんですが、今のところけっこう楽しんでやっとります。
普段は夜間蛍光灯などの下で食べ物の写真を撮ることはなかったのですが、Instagramのフィルターをかければ何とかごまかせるような気がして(笑)、日々のごはんをけっこう写真に撮って載せています。主に食事メモのような内容ですが、ご興味のある方は右下のブログパーツの所からどうぞー。
by t-fortunati | 2012-10-31 16:35 | うちの食卓
Rabarbaro!
a0013875_1142410.jpg

昨日、うちにルバーブが届きました。外国でよく見るような真っ赤なものではありませんが(味は一緒らしい)、無農薬で新鮮そのもののずっしりと太いルバーブに、ちょっと感動ー。
今まではジャムとかケーキやデニッシュの上にちょっとだけトッピングされているルバーブしか食べた事がなく、ルバーブそのものの味がよく分かりませんでした。なので、ぜひとも一度フレッシュなルバーブを調理してみたいと思っていたのでした。

実はイタリアにいるときも、ずっとルバーブを探しまわっていた時期があったのですが、いくら探してもスーパーやメルカートには売っていませんでした。料理雑誌にはよく載っていたので、簡単に手に入るものだと思っていたのですが、全く見つけられず。
最終的に個人経営の八百屋さんに聞いてみたのですが、オランダからの輸入物しかないと言われました。しかも最低7キロは買わなければならず、どうしようかなーと悩んでいるうちに毎年シーズンが終わっていくという、、、

a0013875_1163664.jpg

そんなわけで待望のルバーブを、まずは試しに一本刻んで、いちごと一緒にグツグツ煮込みました。適当にグラニュー糖を入れたのですが、味見をしてみたら、まーーー酸っぱいこと!
あわててどっさり砂糖を足しましたが、なかなか美味しい。確かにお菓子に合う酸味だなと思いました。

a0013875_21463788.jpg

出来上がりをさっそくパンナコッタにのせて食べました。

今回調子にのってルバーブを6キロも買ってしまったので、今冷蔵庫の中がすごいことになってます(汗)。とりあえず半分は冷凍保存して、あとはジャムにしたりタルト作ったり(それ以外今は思い浮かびませんが)、頑張って消費していくつもりです。

さてさて。

現在、芦屋の器屋さんAbundante では、服部竜也作品展が開催されております。私も少し作品を拝見させてもらったのですが、このポットがとても素敵でした。
さらに今週末の3日間は作家ご本人をお迎えし、Abundante 主宰の生田純巳子さんによるテーブルコーディネートのレッスン企画が行われます。
このイベントでの料理を、3日間私が担当させていただく事になっております。お問い合わせはAbundante 生田さんまで、メールでお願い致します。
by t-fortunati | 2012-05-22 11:38 | うちの食卓
たけのことからすみのスパゲッティーニ
a0013875_11515063.jpg

最近立て続けに立派なたけのこをもらう機会がありました。たけのこの下処理をするのは初めてでしたが、まずは定番の若竹煮とたけのこごはんを。お花見のタイミングは逃してしまったけど、食卓が一気に春っぽくなって非常に満足でした。
日本に帰って来てカルチョーフィが食べられなくなったことを、とても残念に思っている私なのですが、今はこうやって新鮮で美味しいたけのこを食べられるんだから、悪い事ばかりじゃないですね(と自分を慰める)。

ちなみに、たけのこごはんと若竹煮は白ごはん.comのレシピで作りました。写真はないのですが、どれもとても美味しくできました。実はこちらのサイト、最近毎日覗いています。かなり夢中です(笑)。
今までちゃんと和食を作る機会がなかった私にとって、どれも参考になる事ばかり。毎日の食事作りのお手本になってます。

a0013875_11504622.jpg

さて。写真は、そのもらい物のたけのこの余りものを使ったパスタです。オイルベースのパスタに刻んだたけのこを加え、仕上げにからすみのスライスとすりおろしをのせています。
鷹の爪がなかったので、先日京都で買って来た七味唐辛子をふりかけて食べました。なかなかいけましたよー。

京都といえば。
by t-fortunati | 2012-04-19 16:40 | うちの食卓
いかなごのくぎ煮
a0013875_11425667.jpg

若い頃はよく分からなかったのです。
なぜ神戸のおばちゃん達は、3月になるとがむしゃらにイカナゴを炊くのか。

この時期はとにかくどこに行ってもイカナゴイカナゴ。スーパーの特設コーナーでは、熱心にイカナゴを物色しているおばちゃんが必ず数人。うっかり誰かにくぎ煮のレシピなんて聞こうものなら大変なことになります、すっごい語り出しますから。
郵便局の窓口付近には、地方発送されるであろうイカナゴのくぎ煮の包みが高く高く積上り、くぎ煮専用のタッパー付きのレターパックまで売り出される始末。とにかく神戸のおばちゃんのイカナゴに対する情熱の深さは尋常じゃないのです。

しかし、自分が神戸のおばちゃんになった今、その気持ちがようやく理解できるようになった気がします。多分、理由はないのだと思います。でも、炊かねばならないのです。だって毎朝水揚げされたイカナゴが待ってるんですから。しかもその旬は短い。
「くぎ煮ダンスでゴー!ゴー!ゴー!」と口ずさみながら(そんな歌が本当にある)、さっとイカナゴ1キロを手にとりレジへ。一目散に家に帰ってくぎ煮を作る日々。私も立派な神戸のおばちゃんになれたような気がします。

*いかなごといかなごのくぎ煮については、ここに詳しい説明があります。

a0013875_022419.jpg

         とはいっても、今年初めてイカナゴのくぎ煮を作った私。

a0013875_0221940.jpg

       スーパーにおいてあったレシピでおそるおそる作り始めると、

a0013875_13302389.jpg

      だ、大失敗!こんなふにゃふにゃして艶のないものはくぎ煮ではない。

a0013875_0222625.jpg

その後さらに一度失敗をしたあと、3度目の正直でできたのがこちら。ちょっと硬めでピンとした感じが分かりますでしょうか。くぎ煮の作り方はシンプルで、そんなに手間ひまかかるものではないのですが、初心者の私には煮詰め方が難しかったです。ある程度煮詰まるまで絶対にイカナゴに触らない、というのがどのレシピにも共通した点でした。

今シーズンはあと5キロくらい炊いて、上手にできたものは順次いろんなところに送りつける予定。東京のO田さん、そちらにはそろそろ届く頃です(笑)。

***

先日お知らせしました芦屋の Abundante での企画レッスン、何とか無事に終了することができました。ご参加いただきました皆様には、心から感謝を申し上げます。緊張しっぱなしの3日間でしたが、おかげさまでとても楽しい時間を過ごすことができました。
今回はたくさんの新しい出会いがあり、普段引きこもりがちな私にとってはとても刺激的な日々でした。また次の機会にお会いできることを楽しみにしております。
改めまして、このたびは本当にありがとうございました!
by t-fortunati | 2012-03-17 15:19 | うちの食卓
チョコレートタルト
a0013875_15575465.jpg

もう2月に入ったというのに、未だにトップの写真が「七草粥」のままというのはいかがなものかと、、、実はじわりじわりと焦っておりました(汗)。
とりあえずバレンタインが近いので、昨日作ったチョコレートタルトをアップしておきます。これはうちの冬の定番デザートで、夫も娘も大好き。すごく簡単なので、思い立ったらササッとできるのが良いところ。今回は冷凍しておいたタルト生地を使い、スーパーで買った安い板チョコで作ってます。なので、美味しいのは美味しいのですが、なんとなく安い味はしますね(笑)。やっぱり素材って大事なんだなーと、しみじみ。
by t-fortunati | 2012-02-12 17:00 | うちの食卓
七草粥
a0013875_20541672.jpg

新年あけましておめでとうございます。
クリスマスも元旦もすっ飛ばして、七草粥でのご挨拶になってしまいましたが、今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

年末は人生初めてのおせち料理作りに挑戦しておりました。市場へ買い出しに行き、さらに買い忘れたものを近所のスーパーで調達しつつ、まったく終わりの見えない作業に追われながらの年越し。元日の夜明け前にお雑煮の支度を完了させたあと、クタクタの状態で布団に倒れ込みました。
残念ながら、出来上がったおせちの写真を撮る余裕はなかったのですが、家族みんなが喜んで食べてくれたのがなによりでした(夫と娘は海老と鯛にしか手をつけてませんでしたけど)。
ずっとずっとおせち料理が食べたくて仕方なかった私も、今年は理想的なお正月を過ごすことができたような気がします。久々に正月らしい正月でした。

そして、実はこの七草粥も今年初めて作りました。今まではどうでもいいようなものだと思っていたのですが、こういう日本の行事ごとをほとんど知らずに育ってしまった娘のためにも、今年からはちょっと頑張っていくつもりです。
by t-fortunati | 2012-01-07 22:48 | うちの食卓
りんごのタルト

うわー、先月は更新できず、、、そして、もう12月(汗)。

a0013875_23505144.jpg

友人から美味しいりんごが届いたので、ここ数週間はクランブルをのせたりんごのタルトばっかり作っておりました(母や友人がものすごく喜んで食べてくれるので、調子にのっている)。
参考にしているのはこちらの本。さすがにきっちり美味しく出来上がります。

a0013875_23532094.jpg

これはzo.chikaさんの塩キャラメル風味のりんごジャムをのせて焼いたタルト。クランブルを細かくし過ぎて溶けちゃってますが(汗)、味は最高。焼くたびにあっという間になくなります(昨日今日と続けて2台焼いた〜)。

a0013875_23505566.jpg

ところで、現在実家をリフォームしております(もちろん、やるのは私の夫)。近所のホームセンターとIKEAを数えきれないほど往復して、出来上がったのがこのウォークインクローゼット。今ではパンパンにものが収納されてますけどね。
ちなみに、このIKEAの引き出しのほとんどを組み立てたのはワタシ。もう目を閉じていても、できそうな気がします。
by t-fortunati | 2011-12-01 00:53 | うちの食卓
Agretti (o Barba del Frate)
a0013875_19301453.jpg
数年前、日本からうちに遊びに来た友人がスーパーでこの野菜を見て、「これどうやって食べるの?」と興味津々目をキラキラさせて質問してきたことがありました。なのに、それまでそんな野菜に目をくれることもなかった私は「知らーん」とアホ丸出しの答えしか返せませんでした、、、てっきりネギの仲間かなにかだと思ってたし(汗)。
そんなことを先日ふと思い出したのをきっかけに調べてみると、アグレッティ(別名、修道士の髭)という春野菜であることが分かりましたよ、zoさん!あの時は思いっきり冬だったけどねぇ、、
a0013875_232332100.jpg
アグレッティのレシピを調べてみると、さっと茹でてオリーブオイルで炒め、塩こしょうで味付けしてレモンをぎゅっと絞るというのが王道のようでした。
食べてみるとシャキシャキした食感はなかなかいいのですが、ただちょっと後味が土臭い。レモンをかけるとそれも少しは緩和される気もしましたが、一度にあんまり大量に口に運ぶものではないなと(笑)。
a0013875_33399.jpg
あと、このアグレッティをアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノにして食べるというレシピも多かったので、いっそのことパスタと一緒に料理してみました。
にんにくと唐辛子をがっつりきかせてあるのでアグレッティの土臭さがあんまり気にならず、美味しく食べられました。これはなかなかいいかもしれません。

ちなみに日本でも売ってるのかなと思って調べてみると、ないことはないみたいですね。ただ「オカヒジキに似ている」という記述が多くて、オカヒジキを食べたことのない私はそっちの味の方が気になりました。日本に帰ったらさっそく食べてみなければ。

More
by t-fortunati | 2011-04-12 03:25 | うちの食卓
春野菜たち
a0013875_22543159.jpg
4月ですね。久しぶりの更新になり過ぎて、何を書こうかちょっと悩みました。この数週間はなんだかもう何にもやる気が起こらなくて。
でも先日行ったメルカートやスーパーにはいつのまにか春野菜がたくさん並んでいて、そんなことがなんだか少し嬉しかったのでした。

More
by t-fortunati | 2011-04-01 06:49 | うちの食卓