黒キャベツのブルスケッタ
a0013875_0454966.jpg
これは cavolo nero (黒キャベツ)。丸くなくても黒くなくても黒キャベツ。
トスカーナあたりではよく食べられている野菜ですが、かなり品揃えのいい店に行かなければ、うちの近所では手に入りません。
a0013875_0462712.jpg
今日スーパーに買い物に行ったら、珍しくたくさん入荷されていたので買ってみました。数年前に一度調理したきりなので、黒キャベツを手にするのは今回で2回目。よさそうなところをじっくり選んでいたら、うしろから年配のご婦人に声をかけられました。

「これはどうやって食べるの?」
「えーと、茹でます」
「それから?」
「オイルかけて、、、それだけ(汗)」

ふーんと、なんだか納得のいかない顔をしてそのご婦人は去っていきました。あーそうか、スープに入れたりとか言えばよかったのかも。いや、私も黒キャベツ初心者ですと言うべきだった。
a0013875_281093.jpg
この黒キャベツ、なかなかかたいのでほうれん草みたいにすぐ茹で上がったりしません。今日は20分くらい茹でたでしょうか。味はクセのないほうれん草と言うか味の濃いキャベツと言うか、とにかく美味しいです。
a0013875_201781.jpg
茹で上げた黒キャベツは、トーストしてにんにくをこすりつけたバゲットにのせて食べました。トスカーナの塩なしパンでやっていれば、「フェットゥンタ」という料理になったんですけどね。これはいわゆるガーリックブレッド(にオリーブオイルをかけたもの)のことですが、このへんではブルスケッタとかクロスティーニと呼ぶ方が一般的です。いただきものの自家製オリーブオイルをどぼどぼかけて食べたら、なんとも幸せでした。
by t-fortunati | 2009-01-17 05:43 | うちの食卓


<< かぼちゃとマッシュルームのリゾット crema di carciofi >>