カメラ戻りました
a0013875_2453254.jpg
うはははは。故障したカメラ、たった3日で戻ってきました。大騒ぎしたわりにあっさりとすいません。
修理に出したお店のおじちゃん「うちはニコンしか置いてないからね、よく分からないけど、たぶん直ってると思うから様子見てよ」ってことで40ユーロ(約6千円)払ってきました。
うーん、大丈夫なのか。今のところちゃんと撮影できているようだけど・・・まあいい、せめてあともう少し元気でいてくれたら。

そういうことで、また近いうちに料理の写真は復活させますが、せっかくなので今日は夏のある日に撮った金魚と娘の写真を。

***

今年の夏、娘は小さな小さなプラスチックの水槽と、赤い金魚一匹を夫に買ってもらいました。ヴィクトリアという名前をつけ、朝に1回餌をやるのを楽しみにして、毎日いろいろ話しかけておりました。本を読んであげたりなんかしてね、かわいかったのです。
しばらくして、「寂しいからもう一匹飼おう」ってことになり、今度はデイヴィッドという名前の金魚が仲間入りしました。命名したのは夫。理由は言うのも恥ずかしいけれど、「ヴィクトリアの夫はデイヴィッドに決まっている」という・・・(←分かりますね?ベッカムだよベッカム)。

それで、10日ほどですぐにヴィクトリアが亡くなり、数日後には続いてデイヴィッドも・・・娘号泣でした。しばらくは思い出すたびに「ヴィクトリアがいなくて寂しい」と涙ぐんだりして。忘れないように写真撮って!といわれ、金魚の死骸写真を撮らねばならなかった私も辛かったです。
餌をあげ過ぎたりもしなかったし、お店の人が言うように水の交換もしてたのに、なぜか長生きしませんでしたね。

ちなみに写真の金魚は、3代目4代目のマイケルとトーマス。兄弟って設定でした。といっても、彼らも1ヶ月ほどでお亡くなりになりましたが。
このあたりになると、娘もちょっと慣れたのか、朝水槽の中でぷっかりお腹を浮かせて死んでいる姿を見ても、

「あ」

一言で済ませてました(悲しんでいないわけではない)。
その後は私が誤ってこの水槽を割ってしまったこともあり、我が家の金魚ブームは急速に過ぎ去っていったのでした。
by t-fortunati | 2006-11-30 19:56 | うちの食卓


<< 海老と野菜のパイ包み カメラ壊れました >>