チキンとベーコンのインヴォルティーニ
a0013875_14251328.jpg
前回ここで花粉症の話を書いたところ、鼻の皮めくれ対策やら励ましの言葉などのメールをたくさんいただきました。ありがとうございます~。
世の中には私なんかよりももっと酷いアレルギー症状を持った方がたくさんいて、その苦労は涙なしには語れないようです。この程度の症状でグズグズ言ってた自分を反省いたしました、はい。
それにしても、日本には気の利く花粉症グッズがたくさんあって羨ましい限り。こっちじゃマスクして歩いてるだけでギョッとされますからねぇ(かといって花粉症人口が少ないというわけではない)。

ところで。
現在コメント欄を閉じているので、以前よりもたくさんのメールを頂くようになったのですが、時々レシピの問い合わせに関するメールも届いています。
質問の多いレシピとカメラについては、このブログの右側にあるカテゴリ「レシピとカメラについて」で説明していますので、心当たりのある方はそちらを読んでくださいね。
a0013875_14252910.jpg
本日の料理は、チキンとベーコンのインヴォルティーニ。
involtini(インヴォルティーニ)というのは、小さめの巻き物系料理のことです。だからこういうチキンロールや春巻きなんかもイタリア語では全部involtiniになります(ちなみにロールケーキのような大きな巻き物はrotolo)。

トップの写真はオーブンで焼く前のもの。鶏胸肉にベーコンを巻きつけ、ローズマリーを載せて紐で縛っているのですが、この段階で肉に下味つけるのすっかり忘れてたことに撮影後気づきました。あっはっはっ。
いいの。焼く前に塩・コショウしたからいいの(開き直る)。

これ、見た目そのままとても淡白なメイン料理です。トマトソースやチーズなんかを組み合わせた方がリッチな料理になるかもしれませんが、まあこれはこれで、あっさりいただくということでいいんですいいんです。
鶏肉といえば、私はもも肉でから揚げとか照り焼きチキンってのが好きなのですが、夫は胸肉とかささ身といったパサパサした部分を好みます。なので鶏の皮とか問題外ね。絶対口にしません。
一度日本の美味しい焼き鳥屋で、カリッカリに焼いた皮を食べさせて、ぎゃふんと言わせてみたいもんですわ。
まあでも、だいたいこっちのスーパーではもも肉より胸肉のほうが高く設定されているくらいだし、人々は油の少ないパサパサした肉を好むんでしょうね。ふーん。
by t-fortunati | 2006-05-31 20:55 | うちの食卓


<< チョコレートケーキ 朝食のための焼菓子 2種 >>