カルチョーフィのリゾットと炒め物
a0013875_1665797.jpg
下処理が面倒なカルチョーフィ(アーティチョーク)。私が初めてこの野菜を手にした時は、延々と最後まで皮をむいてしまい、まったく食べるところがなかったという悲しい思い出があります。
以前は手軽な瓶入りのオイル漬けや冷凍されたものばかり使っていましたが、扱いが慣れてくるとそんなに面倒じゃなくなりました。
写真のカルチョーフィは先日近所のおばちゃんにもらったもの、葉が開きかけてちょっとトゲトゲしていましたが美味しかったです。

a0013875_1672555.jpg
まずは海老入りのリゾット。先日母が遊びに来たときにも作りましたが、とても気に入ってくれました。日本ではなかなか手に入りづらい野菜ですね。
a0013875_1693830.jpg
そして、じゃがいもとアンチョビの炒め物も。かりっと焼いたカルチョーフィもとても美味しいのです。

ちょっとカルチョーフィについて検索してみると、いろんな調理法がありました。パスタやピッツァに合わせるのはもちろん、新鮮なものは生でもいけるらしいです。
by t-fortunati | 2006-02-20 17:40 | うちの食卓


<< スペックとスカモルツァチーズの... カーニバルの揚げ菓子 >>