verdura frullata
a0013875_051509.jpg
ふと気がつくと娘の冬服がない。去年はいていたズボンは、もうチャーリー*のようになってるし、運動靴もそろそろくたびれている。ここ数日でぐっと冷え込んできたこともあって、昨日は慌てて街へ買い物に出てきました。
チョコレート工場のチャーリーのことね。ごめんね見てない人。

以前にも書きましたが、うちの娘はピンク命で、100歩譲って薄い水色ならオッケイというポリシーもってます。当然洋服を選ぶ際にも、基準は「ピンクであるかないか」なので、私が許せる範囲(けっこう狭い)で、ピンク色のものを買うようにしています。

ところでイタリアのカジュアルな洋服屋といえば、やはりBENETTON。私の住む街にも、もうええってほどあります。でもここの子供服にはあんまり惹かれない私。見た目のわりにけっこう高いし。
フランスのPETIT BATEAU(プチバトー)は、さすがにかわいい服がたくさんありますね。私はここのシンプルなワンピースが大好き。しかし経済的理由により、バーゲンの時期しか出入りするまいと決めています。ホント高すぎ。
ということで、もっぱら私はZARAのほうへ行く。この店はスペイン生まれでしたっけ。日本にもありますよね。
ここはデザインがよくて、とにかく安い(子供服に限らず)。きちんとした冬物ワンピースが24ユーロってのはお手ごろだと思う。

しかし、昨日はこのZARAの子供服売り場にやられました。かわいい服がありすぎて、選びきれなかったのです。娘の好きそうなピンクと水色の服は幼稚園用にして、私が好きなナチュラル系の服は外出用。あちこちウロウロしまくり、ふと気がつくと大量の洋服を抱えていました。どう考えても全部買えるわけないのに。
そして一時間以上悩みに悩んだ挙句、もう考えるのが嫌になって、手に持っていたもの全部買いました。あっはっは。←いや、負けてるから。

ものすごい敗北感をかみしめつつ、そのあとは運動靴を買いに靴屋さんへ。すぐに成長するから、安いのでいいや~と思いつつ、ピンクのアディダス・スーパースターとスタン・スミスにちょっと心惹かれる私。だって、ちょっと思い入れのある靴なんだもん(ピンクじゃないけど)。
しかし43ユーロは痛いんじゃないか?白い靴だからすぐに汚すだろうし、第一自分でひも結べないよ?うーん、じゃあこっちのナイキは?あーサイズがない!しかもそれ45ユーロもするやん。もうこっちの安いリーボックでどうよ?でも、そのマジックテープのつき具合が許せない。安っぽさ大爆発。しかもその色、まるで男の子。ピンク命の娘にこれはないやろ。ほなこっちのノーブランドの靴はどうよ。ふーんけっこうかわいいね。あら、でもちょっと重い?やっぱり靴はいいもの履かせたほうがいいかなぁ。

てな具合で、心の中は葛藤の嵐、大嵐。その靴屋にも1時間ほどおりましたかなー。結局そこで私が買ったのは、どピンクのバービーの長靴のみ。ZARAで散財したので、気が小さくなっていたようです。近いうちにまた別の店へ行ってチェックせねば。
娘はというと、今朝は大興奮して、そのピンクの長靴はいて幼稚園行きました。喜んでくれてかあさん嬉しいよ。


本日の料理はverdura fullurata。使った野菜は、にんじん、玉ねぎ、セロリ、ズッキーニ、かぼちゃ、トマトなど。冷蔵庫にある野菜総出。小さめのパスタやお米を入れるときもあります。

鍋に適当に切った野菜と水を入れて煮込み、ブイヨンをひとつ。野菜がやわらかくなったらブレンダー(長細いハンドミキサー?)をかけて、塩・こしょう・好みのハーブなどで味を調えて終わり。
うちではこれにパンとかチーズのトッピングは必須。「野菜だけ食えるか!」が信条の夫と娘がいますのでね。
でも普通にミネストローネを食べるよりもたくさん野菜が摂れるので、母の満足度は高い一品です。
by t-fortunati | 2005-10-06 21:14 | うちの食卓


<< ブロッコリーとリコッタチーズのパスタ レモンケーキ >>