レモンケーキ
a0013875_18572481.jpg
夏のセールでDonna Hayの料理本を2冊買いました。図鑑のように大きな本なので、狭いキッチンで見ながら料理するにはまったく向いていないけど、半額になっていたので思い切って購入。
私は料理雑誌は買いますが、あまり料理の本を買いません(特に外国人の書いたレシピ本)。
それが最近では、本屋でいろいろ手に取って見るようになりました。このあたり、どう考えても「zo」のつく人の影響としか考えられない。

a0013875_185891.jpg
Donna Hayはオーストラリアの人なのですね。昔オーストラリアに住んでいた私には、ちょっと意外でした。
そのせいか、お菓子のレシピでは砂糖の使用量が多いような気がしたなぁ。まあ外国のお菓子のレシピなんて、たいていそんなもんですが。

この料理本たち、写真があまりにもきれいなので、ずっと眺めているだけで終わっていましたが、先日やっとレシピを試してみました。
「どう考えてもこれは砂糖入れすぎやろ」とDonna Hayに突っ込みを入れながらも、まずは簡単そうなヨーグルトケーキを作成。トップの写真がそれなんですが、レシピに書いてあるヨーグルトを使用せずに、フロマージュブランでやったので、タイトルは「レモンケーキ」にしました。

実はこれを作るのは2回目。というのもこのケーキ、焼きあがりの熱いうちにレモンシロップをケーキ全体に染み込ませなければならないのに、レシピをしっかり読まずに作り始めた私は、ケーキが冷めてからシロップを作ってしまったという・・・。しかもその冷めたケーキをレンジでチンしてからシロップをかけたという・・・(当然不味かった)。
一回目はひどい失敗に終わっていたのです。シロップなしでも食べられないことはなかったけれど、そのままだとパサパサしすぎて、一切れ食べきるのにミルクティー3杯くらい必要なのでした。

a0013875_18583243.jpg
なので、今回はしっかりとシロップを用意して、ケーキが焼きあがるのを待ちました。が、出来上がりが本の写真とまったく違います(あんまりしっとり感がない)。
なぜ?クグロフ型で焼いたから?ヨーグルトの代わりにフロマージュブランを使ったから?勝手に紅茶の葉っぱ入れたから?砂糖を半分に減らしたから?
原因はたくさんありそうです。味は悪くなかったんですが。
by t-fortunati | 2005-10-01 18:29 | うちの食卓


<< verdura frullata キノコ祭りに行ってきました。 >>