ネクタリンパイ
a0013875_14355267.jpg
北イタリアの夏は終わったと思う。朝晩なんか、もう靴下なしではやってられないほど冷える。なのに、まだまだ夏休みは続く。イタリアの夏休みは長い。9月の半ばまで続く。

昨日は近所の公園に連れて行く程度で許してもらったけれど、今週は水曜日に「マダガスカル」を観に映画館、週末はまた遊園地に行く予定になってます。
私が子供の頃なんて、こんなにいろんなところへ連れて行ってもらった記憶なんてないのにな。時代が変わったのか、日本とイタリアの違いなのか、それともうちが特別なのか(そんなことはないと思うけど)。

「今日はどこ行く?明日は?月曜日は?火曜日は?」毎日毎日同じ質問をする娘。おかげでこの夏、彼女は日本語とイタリア語の曜日を覚えることができました。たまに木曜日あたりが抜けますが。

箱買いしたネクタリンと市販のパイシートがあったので、超簡単なネクタリンパイを作りました。加藤千恵さんのレシピです。
くし切りにしたネクタリン(皮付き)をグラニュー糖とコーンスターチであえ、パイシートの上に広げて四隅を折りたたみ、オーブンで30分ほど焼くだけ。
ネクタリンにコーンスターチをまぶしてあるせいで、パイ生地が湿ったりしません。中のネクタリンはみずみずしいのに、パイ生地はサクッとしてます。これ、かなり美味しかった!桃や洋ナシでやってもいいらしいです。
私は冷めた状態で食べましたが、本には「熱いうちにいただく」と書いてありました。確かに、熱々のパイにアイスクリームなんか添えて食べるところを想像すると、たまりませんなー。
by t-fortunati | 2005-08-22 16:09 | うちの食卓


<< スズキの香草焼き 避暑地にて >>