ティラミス
a0013875_21145025.jpg
イタリアに来て本物を食べるまで、私の中で「ティラミス」というのはどうでもいいデザートの代表格でした。ケーキ屋に入っても絶対に選ばない。でき損ないのムースの上にココアパウダーが振ってあるだけという感じがあって、大昔にブームになった後からは食べたことありませんでした。
しかし、こっちでおいしいティラミスに出会ってからは今までの先入観を拭いとられました(おおげさ)。
何が違うかというと、マスカルポーネチーズの含有量。これにつきます。でもそれも仕方ないだろうなと思います、日本でマスカルポーネ買うとバカ高いから。

a0013875_21105027.jpgうちのティラミスのレシピは、日本の料理本を参考にしたもの。バニラビーンズも入っててリッチです。本当はエスプレッソにマルサラというお酒を混ぜて作るとさらにおいしいんですが、うちは子供がいるので入れてません。大皿に敷き詰めるよりもこうやって小さなグラスに作るほうが好き。いったん凍らせて解凍して食べるんですが、「食べ時」を見極めるのがちょっと、難しかったりする。

ところで。「ティラミス」って普通に言ってもこっちでは通じません。ティラミスのアクセントは「ス」にあります。変な感じしますけどね。
by t-fortunati | 2004-04-28 15:30 | うちの食卓


<< トロフィエ ペストジェノベーゼ ピッツァ >>