Nutellaのクロスタータ
a0013875_14374429.jpg
イタリアの家庭でよく作られているお菓子といえば、クロスタータという焼き菓子。北イタリアでは定番中の定番です。でもあまりにも身近すぎて、今まで自分で作ったことはありませんでした。
それが先日、友達のうちで食べた手作りのプルーンジャム入りのクロスタータがとても美味しくて、今まで「クロスタータなんてどうでもいい」と思っていたのを深く反省したのでした。
a0013875_1438175.jpg
このクロスタータ、ざっくりとしたクッキーのような生地で、日本にあるような繊細なタルトとは全然違います。だからフォークで食べるよりも、手づかみでモグモグ食べる方が向いてます。
生地はpasta frollaといって、基本的に粉・卵・砂糖・バターを混ぜ合わせるだけなので、とても簡単。今回、このクロスタータには400g入りのNutella、一瓶丸ごと全部使いました。潔いです。男らしいです。カロリーがどうのこうのいう以前の問題です。
ま、でも27センチの耐熱皿で作ってますんでね、でかいんですよ(言い訳)。
一般的には、ジャムを敷き詰めたクロスタータのほうがよく出回っています。私としてはそっちの方が好みなんだけど、夫と娘にはNutellaじゃないと納得してもらえませんので・・・仕方ない。
それにしても、クロスタータなんて食べ飽きてると思ってたのに、夫の食べっぷりはすごかった。これ全部、2日でなくなりました。
by t-fortunati | 2005-05-11 18:15 | うちの食卓


<< なすとズッキーニのキッシュ パンチェッタとポルチーニのスパ... >>