パンチェッタとポルチーニのスパゲッティ
a0013875_1944184.jpg
週末はジェノバの近くにある、spotornoという小さな街に行っておりました。海沿いのリゾート地ですが、ベタベタの観光地になっていなくて、こじんまりとした街並みはとても感じがいい。
夫はここで少し仕事があったので、その間私と娘は海辺でジェラート食べながら遊んでました。海ではすでにたくさんの人が泳いでましたが、娘はちょっと風邪気味なので、砂遊びのみ。初めての海なので、それでも十分楽しかったみたいです。
私はというと、ビーチに花粉は飛んでいないのでとても快適でした。そうか、この手があったか!と思ったけど、私は強い日差しを浴びると日光湿疹が出る。だからずっとビーチに座りっぱなしというわけにはいかない。日焼け止め塗りまくっても、うなじや腕、足の指あたりにブツブツが・・・。あー、昔はこんな体質じゃなかったのになぁ。やはりこの時期は南半球に逃げるほかはない。

写真のパスタは今日のお昼ご飯。帰ってきてから、まだ買い物に行っていないので、冷蔵庫の残り物で一人パスタでした。パンチェッタ、ポルチーニ、適当にある野菜を細かく切り、にんにくとオリーブオイルでじっくり炒めたあと、トマトピューレ(トマト缶)で煮込むソース。
私は生ハムやパンチェッタが苦手だけど、こうやって使うととても美味しいパスタソースになるということを友人から教えてもらった。最近のお気に入りです。




a0013875_17344250.jpg
spotornoの街では、ちょうど「ペスト・ジェノベーゼ祭り」が開かれていました。


a0013875_17362368.jpg
みんなでペスト(バジリコソース)を作るだけの企画なんですけどね(笑)。
紙の帽子とビニールのエプロンをつけて、大勢の人が参加していました。


a0013875_19124314.jpg
太鼓の音にあわせて、みんな一斉にゴリゴリゴリゴリ・・・もんのすごいバジリコとにんにくの香りが漂っていました。


a0013875_173728.jpg
娘も参加させたかったけど、圧倒的にすり鉢の数が足りないのでした。


a0013875_17374096.jpg
そしてBBC放送の取材もあったようです。この人がカメラに向かってしゃべってました。誰?



で。このあと絶対に、このペストを使ったパスタが出てくるはず!と期待してたんですが、各自自分で作ったペストを容器に入れて持ち帰ってました。最高につまらない。



a0013875_17474990.jpg
当然、娘もこのお祭りには退屈しておりました。帽子かぶってやる気は満々だったんだけどね。


a0013875_1751395.jpg
しかし海で遊ぶのはご機嫌のようでした。いつまでたっても帰らせてくれなかった。
ああ・・・日光湿疹が痛痒い。
by t-fortunati | 2005-05-09 22:34 | うちの食卓


<< Nutellaのクロスタータ チョコレートとエスプレッソのクッキー >>