アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ
a0013875_15321476.jpg
村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」だったかな(あいまい)。主人公が客人と一緒にゆで卵を食べるくだりがありました。ただのゆで卵なんですけど、これが小説を読んでいる間ずーっと私の頭から離れていかず、結局そのあと卵を2個茹でて食べた記憶があります。しかも深夜に。
ずいぶん昔の話ですが、こういうことって今でもたまにあります。これは雑誌の料理写真を見て感じる気持ちとは、また別のものです。

昨日のスパゲッティもそんな感じでした。佐藤正午の新刊「豚を盗む」を読んでいると、アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノについてのエッセイがありました。
まだ朝の10時半だというのに、にんにくいっぱいの辛~いやつを食べたい欲望を抑えられられず、つい。どう考えても1.5人分はあるパスタをペロリといってしまいました(写真のパスタを全部食べたあと、鍋に残っていた分も食べた)。満足でございました。夫と娘と一緒じゃ、まずこんなの食べられないし。

アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノは、にんにくと赤唐辛子とオリーブオイルがあればできますね。にんにくを焦がさないように、じっくり炒めるのがコツのようです。
これにちょっとアンチョビーでも入れようかと思ったけど、今回はあえてシンプルに仕上げました。

食べたいと思ったときに、食べたいものが食べられるのは幸せだなと思います。
私の場合、たいていはお好み焼きであったり、しょうがたっぷり冷奴であったり、桜餅であったり。ここじゃすぐに食べられないものが頭に浮かんでは、悶絶するんだけど。






「うちの食卓」では、現在プレゼント企画を実施中です。
応募される方は、コメント欄にプレゼントを希望されることを表明してください。期間中は何度応募されてもかまいませんが、一度当選された方・イタリア在住の方はご遠慮くださいね。初めてコメントする方でもオッケイです。

追記:プレゼント企画は終了しました。

a0013875_15341491.jpg
今回のプレゼントは、musettiのフレーバーコーヒー(125g)。*musettiはピアチェンツァのコーヒー会社です。
写真はチョコレート味。ほかにはアマレット味とアイリッシュコーヒー味もありました。

このチョコレート味のエスプレッソ、夫が飲みたがったので、うちでも飲んでみました。缶を開けるとほんわりとチョコレートの香り。エスプレッソの苦手な私も少し飲んでみたけど、そんなにきついフレーバーがついているわけではなかったです。
しかし夫は一回飲んだきりで、あとは飲みたがらない。おい、おっさん(怒)!
夫いわく、決して不味いわけじゃないと。でも普通のコーヒーの方がいいんだって・・・(それって不味いってことなんじゃ?)。

a0013875_18241392.jpg
ちなみにうちでいつも飲んでいるコーヒーはLAVAZZA(左)が多いです。
illy(右)は入れ物だけ愛用してます。だって、使いやすいんだもーん。落としたりぶつけたりで、ボコボコですが。
illyは美味しいんだろうけど、なんせ高い!普通のコーヒーの2~3倍する。ほとんど安売りもされないし。えらそうな感じがして、私はちょっと気に食わない。

・・・嘘です。高いから買えないだけです。

a0013875_18263365.jpg
それからもうひとつ。見たことないのパッケージのLAVAZZAを発見。夫に聞いてみると、これは大昔のLAVAZZAの宣伝に使われていたキャラクターなんだそう。なんか特別な味なのかな?と思って買ったけど、中身は一緒みたい。


ということで。
今回のプレゼント商品のコーヒーは、musettiのフレーバーコーヒー125g(チョコレート・アマレット・アイリッシュコーヒー)か、普通のエスプレッソ250g(LAVAZZAもしくはmusettiもしくは希望のメーカー。illyは入れ物が重いので除外。)ってことにします。一応1名様にプレゼントする予定。


・応募資格・
私に住所と名前を明かしてもいいという方(悪用はしません)。
エスプレッソマシーンかなにかを持っている方(持っていないと作れませんので)。
できれば当選後、ご自身のブログなどで感想等をアップしてくださる方(強制ではありません)。

締め切りは、4月9日(日本時間で日付が変わるまで)。応募は4月6日のコメント欄にのみお願いします。あ、希望するコーヒーも書いておいてくださいね。
当選された方は、後日私に住所と名前をメールしてください。

ではでは。エスプレッソお好きな方、どんどん応募してくださいね。
by t-fortunati | 2005-04-06 20:45 | うちの食卓


<< ガトーフロマージュ サフラン風味のタリアテッレ ス... >>