パネトーネのフレンチトースト
a0013875_17591510.jpg
最近うちではERごっこが流行っております。心肺停止になったときに電気ショックを与える機械がありますよね。それをおもちゃのアイロンでやっております。
娘が夫の胸にアイロンを押し付けて、「リーベラ!」*と叫ぶ。患者役の夫はそのたびに体を浮かす。私は酸素を送りこむ役。
面白がって娘が何度も何度もやるので、最後に夫が「そんだけ電気ショックやったら死んどるわ!」というお決まりの突っ込みをいれ、全員爆笑して終了します。
うちってけっこう幸せかもしれません。

*ここの部分、日本語だとなんて言うのか分からない。英語だと「clear!」でしたっけ?

今日の料理はフレンチトースト。パサパサのパネトーネがあったので作ってみました(古いわけではなく、もとからパサパサしてました)。
卵と牛乳を混ぜ合わせたものに、パネトーネを漬け込んで焼き、さらにキャラメルソースをかけて頂きました。が、甘すぎた・・・。
パネトーネ自体が甘いものであるということ、すっかり忘れてましたね。喉がひりひりするほど甘かったけど、これを朝から一人で完食!おかげでお昼過ぎてもまだ胸焼けしてました。
by t-fortunati | 2004-12-01 20:43 | うちの食卓


<< うずら豆のパスタ ピアディーナ >>