春巻き
a0013875_0554075.jpg
春巻きが好きでよく作ります。街に一軒だけある「チャイナマーケット」という中国人経営の食材店で、春巻きの皮と春雨を買い、冷蔵庫にあるもので具を作ります。今回はむき海老、干ししいたけ、にんじん、ズッキーニ。それから前日に作った煮豚があったので、それも細かく刻んで入れてます。味付けはごま油とかしょうがとか。
20本くらい作って、1本ずつラップで包んで冷凍します。食べるときはレンジで半解凍してから、小さいフライパンに少量の油を入れて揚げます。夫も娘もほとんど食べないので、私専用のおかずになってますけども。

ところでこのチャイナマーケット、日本や韓国の食材もおいてあるので、たまに買い物に行きます。品揃えは恐ろしく悪く、見た目も古そうなんですが、たまに「おお!」という発見もあります。オリバーの焼きそばソースを見つけたときは、値段も何も見ず手にとってしまいしたが、よく考えたら焼きそばの麺がないやん!(←でもお好み焼きに使えそうだと思って買いました。)
あと、日本のおみそも置いてあるけど、見たことのないメーカーで、しかもどこをどう探して見ても製造年月日が書いていない。(←それでも勇気出して買ってみました。)なんか変な酒臭いお味噌汁ができるのはどうしてでしょう。

で、ここのお店のおばちゃんがかなり個性的です。もうびっくりするほど愛想悪い。最初はびびりましたけどね、でも実はとてもいい人なんです。子供連れ限定ですが。
娘と一緒だとおばちゃんの態度はみるみる軟化します。売り物のアメくれる、ビスケットくれる、笑顔で話しかける。娘が赤ちゃんだった頃は、私が買い物してる間、ベビーカーを揺らして寝かしつけてくれたこともあります。

そんなおばちゃん、私が日本人と知ってか、ある日店に入ってきた私の顔を見つけるなり、

「豆腐豆腐!今日豆腐アルヨ」*イタリア語が中国語に聞こえるのはなぜ。

と私に真空パック入りの豆腐を握らせたことがあります。フランスから輸入したらしいそれは、まるでモッツァレラチーズですか?というほどのかたさ。しかしおばちゃんのせっかくの好意を断れずに、笑顔で支払いを済ませた私。
うちに帰って、お味噌汁の中にその豆腐を入れてみたけれど、やっぱりかたい、不味い、ちょっと酸っぱい。細かいさいの目に切っても絶対に崩れないかたさの豆腐ってどうなの。
今度勧められたら絶対に断る自信はあるんですけどね、幸いあれ以来、その豆腐は見かけてません。


それにしてもこの写真の春巻き、縦にドーンと立ってますね。ちょっと立ちすぎです。
今回、構図のマシなものはみんなボケているので、こんな写真になってしまいました。はは。
by t-fortunati | 2004-11-24 02:26 | うちの食卓


<< ひよこ豆入りミートソース リコッタチーズケーキ 2種 >>