ココアマロンケーキ
a0013875_19371221.jpg
道端にもたくさん落ちているんですが、今の時期、どこのスーパーでも栗を見かけます。最近いろんなブロガーさんのところで美味しそうなモンブランを見ていたので、私も栗のケーキを作ろうと思ってました。が、栗の皮を一個一個むく気力はなし。裏ごしする気力はもっとなし。
そこで去年から気になっていた、すでに粉状になっている栗(栗パウダー?)を素早く買い物カゴへ。うちに帰ってさっそく作ってみました。
卵、砂糖、栗の粉、小麦粉、ココアパウダーそれからリコッタチーズも入れた。

話は突然変わりますが、私のお菓子作り歴はけっこう長いのです。小学生の頃から「お菓子作り一年生」とかいう本を、毎日毎日ボロボロになるほど眺めてました。いろんなものを作ってみたかったけれど、うちの冷蔵庫の中にあるもので作ることのできるお菓子というのも限られていたので、毎回生焼けのスポンジケーキやクッキーを作っては近所に配り、嫌がられていました。
あれから何十年が経ち、今ではほとんど失敗もしなくなりました。まあ、好きなものばっかり作っているので、レパートリーは少ないんですけどね。
失敗しないためのコツというのはあると思います。特にお菓子作りに関しては計量をきちんとやり、レシピ通りにちゃーんと作れば、基本的に失敗しにくいはずです(たまに「これは嘘やろ!」というレシピに出合うことがあるのも真実ではありますが)。
テレビの料理番組を見てると、事前にきちんと計量された材料がそれぞれ小さな器に用意されていますよね。あれは視聴者に分かりやすくするためにしていることなのかもしれませんが、私はあれこそお菓子作りには欠かせない行為であると思っています。作り始めてから計量するようでは遅いのです。手際よく作業を進めるために、下準備をしっかりやることはとても大事なことであると思います。
ほかにも、オーブンを温めておくこと、水や油気の残っていないきれいな調理器具を使うこと、レシピに書かれてある分量を勝手に大幅に変えないこと・・・こういったいろんな決まりごとを無意識に守っている人が料理上手なんではないでしょうか。

なーんて・・・こんなに偉そうなことを延々と書いたのは何故かというと、この写真のケーキ、上に書いたプロセスを踏まずに適当に適当に適当に作ったので激まず!!
すでに作っている時点から「これは不味くなるだろう」と容易に推測できました。とにかく粉っぽくてモサモサしていて甘さも足りない。苦し紛れに市販のマロンクリームを添えてみたけど、不味いものは不味い。隣の犬さえ食べてくれないと思う。
by t-fortunati | 2004-10-29 21:57 | うちの食卓


<< チョッコラータ ライスコロッケ >>