ほうれん草とモッツァレラチーズのリゾット
a0013875_1436550.jpg
私が小学生の頃、「給食は三角食べをしなさい」と言われていた。牛乳を頂点にして、右側におかず左側にパンの皿を置き、牛乳おかずパン牛乳おかずパン、と順番に食べていかなければならなかった。
ずっと、どうして好きに食べさせてくれないのか不思議に思っていたけれど、これはこれでけっこう意味のあったことなのかもしれないと、最近は思う。

というのも、うちの娘はこの三角食べができない。例えばワンプレートにご飯、玉子焼き、ウインナーを盛ってみても、娘はまず最初にご飯を全部食べてからおかずを食べる。順番に一緒に食べたほうが美味しいよと言ってもあまり効果はない。「ご飯卵ウインナー!ご飯卵ウインナー!」と唱えながら食べさせているときもある。でもこれ拷問のようでイヤ。食べ方なんて本人の好きにさせておけばいいかなとも思うし。

原因はイタリアの食事の仕方にもある。こっちでは食べる順番というものがちゃんと決まっていて、必ず最初にパスタ(もしくは米)を食べてからメイン料理(肉か魚)を出すようになっている。
イタリアに来た当初、私はこれが理解できず、パスタもメインも付け合わせもすべて同時にテーブルに出しておりました。食事に招待した友人がびっくりして、「一体どれから食べればいいの?」と聞いてきたときにはこっちも驚いた。好きなように食べればいいでしょう!

今でこそこっちの形式に慣れたものの、やはり私はいっぺんにテーブルの上に料理を並べるほうが好き。パスタもサラダもメイン料理も同時進行で食べてなにが悪い。いろんな料理を少しずつ皿にとっていくほうが計画的に食べられるし、なにより落ち着いて食事ができる。だって、順番に食べるとなると、作り手は立ったり座ったり忙しいんだから。

今日の料理はほうれん草とモッツァレラのリゾット。ほうれん草はフードプロセッサーにかけてから加えています。モッツァレラは小さく切って、最後に加えます。パルメザンチーズをたくさんかけていただきました。
by t-fortunati | 2004-10-19 22:09 | うちの食卓


<< カルツォーネ なすのラザーニャ >>